壁の終端

壁の終端ツールを使用すれば、1回のクリックで正しい壁の終端プロファイルを作成できます。

壁の終端ツールを起動します。壁の終端の設定または情報ボックスから、目的の壁の終端オブジェクトを選択します。壁のいずれか一方の端のホットスポットをクリックして、壁の終端を配置します。

壁の終端ツールの設定」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallEnd2D.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallEnd3D.png

壁の終端はパラメトリックGDLオブジェクトで、窓やドアのオブジェクトと似ています。壁の終端のパラメータ(幅や高さなど)は、壁の終端の設定を使用してカスタマイズできます。

壁の終端は、建具表ではオブジェクトとして数えられます。タイプによっては、壁の終端によって壁の面積または体積が減ることがありますが、追加されることはありません。[屋根までクロップ]の操作中は、壁の終端は窓と同様に壁の一部として処理されます。

単一平面屋根まで要素をクロップする」を参照してください。

また壁の終端は、[ストレッチ]、[移動]、[分割]コマンドを実行しても位置は変わりません。