GDLオブジェクトサブタイプについて

GDLオブジェクトは全て、IFC (Industrial Foundation Classes)構造に広く対応するツリー階層に編成されたサブタイプを持ちます。

注記:IFCはIndustry Foundation Classesの略語です。IFCの詳細については、「IFCの操作」参照するか、http://www.graphisoft.com/support/ifc/downloads/からIFCのリファレンスガイドをダウンロードして参照してください。

サブタイプを利用すると、ライブラリ部品を論理的に体系化できます。アドオンも、対応するライブラリ部品を識別するためにサブタイプを利用しています。

要素をサブタイプ別に検索する

オブジェクトのサブタイプで参照するには、オブジェクトの設定ダイアログボックスで[サブタイプビュー]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SubtypeView.png 

オブジェクトのサブタイプの変更

配置されたオブジェクトのサブタイプを変更するには、オブジェクトを選択して開き([ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[オブジェクトを開く])、ダイアログボックスの上部の[サブタイプを選択]ボタンをクリックします。

オブジェクトのサブタイプを変更するとオブジェクトの特性が修正され、新規サブタイプに必要なパラメータと機能が追加されます。

サブタイプの詳細

ARCHICADのサブタイプは、サブタイプオブジェクトテンプレートによって管理されます。新規GDLオブジェクトの作成時には、その要素で使用可能なサブタイプの中から1つ選択できます。

各サブタイプには、それぞれに属する要素の特性または機能を定義する必須パラメータセットが設定されています。オブジェクト間のパラメータ転送は、サブタイプが同じである2つのオブジェクト間でのみ機能します。

オブジェクト間のパラメータの移動」を参照してください。

サブタイプのいくつかには、追加機能が組み込まれています。その追加機能では、そのサブタイプに属する要素が、オブジェクトツールアイコンをクリックしてオブジェクトの設定ダイアログボックスで選択できる一般オブジェクト、ツールボックスにツールアイコンが存在する特定のオブジェクト(ドア、窓、コーナー窓、天窓、ラベルなど)、あるいは特殊なコマンドまたは機能によって配置される特定のオブジェクト(ゾーンスタンプ、付属部品オブジェクトなど)であるかを定義します。

関連トピック

[サブタイプ階層]ダイアログボックス(GDLマスタウィンドウ)

ライブラリ部品要素の設定

ライブラリ部品の検索