3Dウィンドウで3D切断を作成する

1.3D切断がオンであることを確認します。

3D切断の表示/非表示」を参照してください。

2.画面の4方向全てに3D切断面のタブが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/3DCutPlaneTabs.png 

3.いずれかのタブの上にカーソルを置き、その位置に垂直の切断面を表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/3DCutPlaneTop.png 

4.タブをクリックすると即座にモデルの境界線が表示されます。あらかじめ定義された3D切断面では、この境界線と平行な面にモデルが切断されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/3DCutPlaneTop2.png 

5.タブを移動して3Dモデルを垂直に切断します。

3Dウィンドウでカスタム切断面を作成する」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/3DCutDrag.png 

操作をキャンセルするには:ドラッグ操作中に切断面をゴミ箱に移動する(またはEscキーを押す)だけで操作が中止されます。4方向全てのタブがゴミ箱に移動します。

6.クリックして切断面を適切な場所に配置します。[確定]コマンドが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/Finalize1.png 

7.[確定]または[キャンセル](操作を元に戻す場合)をクリックします。

8.生成した3D切断が表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/Finalize2.png 

切断面を隠す場合は、以下の手順を実行してください。

3D切断面を隠す」を参照してください。

3Dウィンドウでカスタム切断面を作成する

あらかじめ定義されている垂直方向とは別の方向からモデルを切断する場合、カスタム切断面を作成します。

3D切断がオンであることを確認します。

1.4つの切断面タブのいずれかをクリックして、コンテキストメニューを表示します。

2.[カスタム切断面の作成]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/CreateCustomCuttingPlane00079.png 

注記:このコマンドは標準ツールバーからも使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/CreateCustomCuttingPlaneTB00080.png 

3.以下のいずれかの操作を実行して、カスタム切断面の方向を定義します。

要素の平面を使用(屋根の上面など)

既存の要素の平面をクリックして、切断面の角度を定義します。長方形を利用して平面を確認します。

もう一度クリックして切断線の位置を定義します。

辺を平面の回転軸として使用

三つ又カーソルで既存の辺をクリックして、回転軸を定義します。

切断面が接する点をクリックします。これで切断面の位置が定義されます。

任意の3点(要素の3つのホットスポットなど)をクリックして平面を定義

2点クリックして回転軸を定義します。

切断面が接する点をクリックします。これで切断面の位置が定義されます。

4.クリックして切断面を適切な場所に配置します。[確定]コマンドが表示されます。切断面に問題がなければ、[確定]をクリックします。

5.生成した3D切断が表示されます。