詳細図ビューポイントの内容

ソースベースの詳細図は、詳細図境界内部にある全ての組み立て要素の2Dに分解した線/円弧など2Dの線/塗りつぶしだけで構成されます。デフォルトでは、詳細図ビューポイントには、組み立て要素だけが転送され、注釈および寸法は転送されません (この設定は、[詳細図設定]の[一般]パネルにあるチェックボックスで変更できます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/CopyConstruction.png 

詳細図境界によって切り取られた注釈要素がどのように処理されるかについては、「境界によって切り取られる注釈、寸法およびマーカー」を参照してください。

詳細図ウィンドウで使用できるのは2Dツールだけです。詳細図には、あらゆる種類の2D情報、すなわち線、塗りつぶし、ホットスポット、テキスト、画像、寸法、オブジェクトの2Dシンボルを追加できます。

詳細図には、平面図に描画した詳細図境界を表す線が表示されます。

詳細図/ワークシート境界の表示」を参照してください。

断面詳細図(断面図から作成された詳細図ビューポイント)では、元の構造の高度を表示します。つまり、詳細図ビューポイントに配置された高度寸法は、図面要素を垂直に移動しないかぎり、正しい高度値を示します (これは、立面図と展開図から作成される詳細図の立面寸法でも同じです)。

関連トピック

ワークシートと詳細図