立面図

ARCHICADには、立面図ビューポイントおよびリンクまたはリンク解除された立面図マーカーを作成するための別個のツールがあります。

以下の部分は、断面図と対照的です。

立面図は、一般的に、構造をスライスするのではなく、遠隔点からの構造の断面ビューを作成します。

立面図の水平範囲の[フラット]オプションはありません。

立面図マーカーは断面図マーカーと異なっていて便利です。結果として、[立面図設定]のマーカーオプションは、[断面図設定]の対応項目とは異なります。

断面線とは異なり、立面線は画面表示のみのマーカー項目で、レイアウト上では表示されません。

マーカー範囲線の表示」を参照してください。

ほかは全て、立面図ツールと断面図ツールは同じように機能します。

立面図ビューポイントを作成するには、ソースタイプの立面図マーカーを平面図に配置する必要があります。

作成される立面図ビューポイントの状態(モデルまたは図面)によって、更新プロセスが決まります。

[マーカー]パネルおよび[マーカーヘッド]パネルによって立面図マーカーの内容および表示が決まり、[立面図設定]の[モデル表示]パネルによって立面図ビューポイントの表示が決まります。

参照情報しか含まない(ビューポイントを作成しない)リンクタイプの立面図マーカーは、平面図、断面図、立面図、展開図、3Dドキュメント、詳細図またはワークシートウィンドウに配置できます。

リンク解除された立面図マーカーも配置できます。

詳細は、以下のトピックを参照してください。

断面図ビューポイントを作成

断面図ビューポイントの水平/垂直範囲

断面図の再構築状態を割り当てる

断面図ウィンドウのモデル表示

ソースマーカーのマーカー参照を定義する

リンクされた断面図マーカーを配置する

リンクされていないマーカーを配置

個別断面図ビューポイントを作成する

断面図を更新する

断面図マーカーの平面図表示

平面図での断面/立面/展開線の編集

断面図および立面図設定

立面図マーカーを移動する

このオプションは、立面図マーカーおよび展開図マーカーでのみ使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/MoveElevation.png 

立面線を選択します。マーカーが選択され、節点を表示します。

この節点をクリックし、ペットパレットの[立面図マーカーを移動]コマンドを使用して、マーカーを希望の位置まで移動します。

立面を新しい位置に移動または回転しても、マーカーはこの位置にとどまります。