ソースマーカーのマーカー参照を定義する

ソースタイプの断面図、立面図、展開図、詳細図、およびワークシートマーカーの参照情報を定義するには、以下の手順を実行します。

新しいソースマーカーを平面図に配置してビューポイントを作成する場合、ツールのデフォルト設定では、マーカー参照を定義するための選択肢が2つあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/MarkerRefSource.png 

ビューポイント、または

ビューポイントの最初に配置した図面 (「最初」とは、ナビゲータレイアウトブック内の一番上にある適格な図面を意味します)

例えば、以下の断面図は、このビューポイントから作成した最初に配置された図面の情報を表示するように定義されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionRef.png 

「最初に配置した図面」を選択し、配置されている図面がまだない場合、マーカーは(#図面IDなどの)自動テキストを表示します。図面を配置すると、この自動テキストは関連情報に置き換えられます。

同じマーカー情報が、[断面図設定]ダイアログボックスの[マーカー]パネルに表示されます。

ビューポイントにはすでに複数の図面またはそこから作成したビューが存在している場合があるため、すでに配置されたソースマーカーを選択し、ツールの選択設定または情報ボックスを開くと、さらに次の2つ選択肢が表示されます。

選択した図面

ビューの最初に配置した図面

この2つのオプションのいずれかを選択すると、ディレクトリダイアログボックスが起動し、ナビゲータレイアウトブックまたはナビゲータビュー一覧が表示されます。(選択した断面図ビューポイントから作成した)適格な図面/ビューを選択できます。他の項目はグレー表示され、選択できません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/MarkerSourceBrowse.png 

注記:必要な図面が別のプロジェクトのレイアウトブック内にある(そのため、[マーカー参照を定義]ダイアログボックスで一覧表示されていない)場合は、ビューを参照するオプションを使用できます。

外部ARCHICADプロジェクト(単独またはチームワーク)からビューをインポートする」を参照してください。

実際の図面を参照できないため、(他のプロジェクトで)図面を作成した(現在のプロジェクトの)ビューを参照できます。マーカーは、このビューから自動テキストとして作成した最初の図面の図面データ(#図面名、#図面IDなど)を表示します。マーカーを含むプロジェクトと同時に参照図面を含むレイアウトブックを開くと、マーカーは正しい図面データを塗りつぶします。

参照項目(図面など)がプロジェクトにすでに存在していれば、[参照先]テキストフィールドでマーカーに表示されるリンク情報がプレビュー表示されます。