断面図

断面図ツールとそのマーカーを使用して、バーチャルビルディングの断面図のビューポイントを生成します。

断面図マーカーは、以下の3つの形式のいずれかを取ります。

1.断面図ビューポイントを生成するソースマーカー

2.断面図ビューポイントを生成しないが、その他の全てのビュー、ビューポイント、または図面の参照先となるリンクされたマーカー

3.カスタムテキストを含むリンクされていないマーカー

注記:もう1つのタイプの断面図ビューポイントは、モデルソースなしの個別断面図(マーカーあり、またはマーカーなし)です。

個別断面図ビューポイントを作成する」を参照してください。

断面図はビューとして保存し、図面としてレイアウトに配置できます。断面ウィンドウの内容は直接発行できます。

断面ウィンドウでは、要素の表示および変更はできますが、新しい組み立て要素は作成できません ([移動コピー]または[連続コピー]コマンドを使用している場合を除く)。要素を断面ウィンドウに貼り付けると、図面要素(点、線、塗りつぶし)として再現されます。

オブジェクトは断面ウィンドウに配置できますが、単に図記号として認識されます (対応する3Dモデル要素は生成されません)。

関連トピック

断面図ビューポイントを作成

断面図ビューポイントを開く

断面図ビューポイントの水平/垂直範囲

ソースマーカーのマーカー参照を定義する

断面図マーカーの平面図表示

断面図ウィンドウのモデル表示

平面図での断面/立面/展開線の編集

リンクされた断面図マーカーを配置する

リンクされていないマーカーを配置

個別断面図ビューポイントを作成する

断面図の再構築状態を割り当てる

断面図を更新する

[再構築]コマンドの概要

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionLine.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionView.png