構成要素を「躯体」または「仕上げ」として定義する方法

複合要素

複合要素(壁、スラブ、屋根、シェル)の場合:[複合構造]ダイアログボックスで、塗りつぶしを[躯体]、[仕上げ]、[その他]のいずれかに定義できます。

これは、構造タイプに応じてモデル要素を表示する場合に使用します(躯体表示機能)。

詳細は、「躯体表示」を参照してください。

1.[オプション]→[属性設定]→[複合構造]から[複合構造]ダイアログボックスを開きます。

コンテキストメニューから設定にアクセスすることで選択した複合構造を編集することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/EditSelectedComposite.png 

2.リスト内の層をクリックして選択します。

3.[タイプ]列のポップアップをクリックして、[躯体]、[仕上げ]、または[その他]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SetCompositeFinish.png 

注記:

複数の塗りつぶしを躯体として定義できますが、塗りつぶしが相互に隣接している必要があります。

複数の隣接する層を「仕上げ」として定義できますが、最も外側の層のどちらかまたは両方が、定義する塗りつぶしの中に含まれている必要があります。

柱の仕上げ

各仕上げは、柱ツールの設定で躯体、仕上げ、またはその他として定義できます。

躯体と仕上げ」を参照してください。

断面形状要素

断面形状要素(壁、梁、柱)の場合:[デザイン]→[断面形状マネージャ]で、構成要素を[躯体]、[仕上げ]、または[その他]として指定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SetProfileCore.png 

断面形状マネージャの「構成要素パネル」も参照してください。