モデル全体の表示

躯体表示オプションを使用している場合でも、必要に応じて元の全構造を確認するために、複数のタイプの表示を使用できます。

常に、参照に[全モデル表示]を選択できます。

1.参照機能を有効にします。

2.[参照]ドロップダウンメニューから、[参照を選択]を使用して[全モデル表示]を参照として選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/TraceEntireStructure.png 

この断面図では、複合構造壁が「躯体のみ」の設定で表示されていますが、「全モデル表示」参照(赤で表示)では壁全体の構造が示されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionShowEntire.png 

部分表示する要素を選択する場合は、元の位置にホットスポットが表示されます。ただし、選択を示す強調表示は、要素の表示されている部分にしか表示されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/PartialSelection1.png 

[選択済みのフィードバック]も、要素の部分的に表示されているところだけではなく、要素全体を確認する場合の助けとなります。選択済みであることを示す強調表示は、表示されている構成要素にしか表示されませんが、この画像で太字の三つ又カーソルで示すように、カーソルは要素の表示されている部分上にない場合でも、基準線を認識できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/PartialSelection2.png 

要素が現在、部分表示しかされていない場合でも、情報タグには、元の要素全体の厚さが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/PartialSelection3.png