通り芯ツール

通り芯ツールを使用して、通り芯を個別に配置することや、グリッドシステムに配置することができます。通り芯ツールは、ARCHICADツールボックスから使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridToolbox.png 

通り芯はモデルの一部で、複数の要素を配置したり、モデル内の位置を確認するための編集可能なフレームワークとして機能します。

通り芯ツールは、ローカルのカスタム通り芯を作成します(一方、組み立てグリッドとスナップグリッド([表示]→[グリッドオプション]→[グリッドと背景]で設定)はグローバルな機能であり、2Dウィンドウ全体に表示される均等に配置されたグリッドです。これは入力と編集の補助機能として使用します)。

このツールで作成した通り芯はインタラクティブなので、配置後でも編集できます。通り芯は、通り芯の設定を使用して編集できます。

通り芯ツールの設定」を参照してください。

通り芯は平面図または3Dウィンドウのいずれかに配置できますが、断面/立面/展開図、および3Dドキュメントでも表示できます。

通り芯は、モデル内の垂直位置をマークします。他のモデル要素と同様に、通り芯はビューと共に保存されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridFloorPlan.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridElement3D.png 

水平および垂直の通り芯全体を1回で配置するには、[デザイン]→[通り芯設定]コマンドを使用します。表示される[通り芯設定]ダイアログでは、通り芯を設定し、通り芯交点に寸法、梁、柱、またはオプションのライブラリ部品を配置できます。

通り芯の設定」を参照してください。

この画像は、交差部に梁と柱が配置されたグリッドシステムを3Dで表示しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridSystem3D.png 

関連トピック

通り芯の構成要素

通り芯の表示

直線通り芯の作成

曲線通り芯の作成

通り芯の編集

チームワークでの通り芯の編集

通り芯設定の配置