高度寸法

高度寸法は、フロア高度またはZ軸に沿った要素の垂直高さを表示する連動高度マーカーです。平面図およびワークシート/詳細図ウィンドウで使用可能です。

高度寸法値の計算の基準となる原点は、高度寸法ツールの設定ダイアログボックスで設定します。

注記:断面/立面/展開図ウィンドウでは、立面寸法を使用します。立面寸法」を参照してください。

1.高度寸法ツールを選択します。

2.高度の寸法を記入する要素または空間の上にカーソルを移動します。

カーソルを複数要素の上に置くと、情報タグにそれを示すメッセージが表示されます。Tabキーを押すと、各要素を順番に変更できます。

寸法を記入可能な要素の上にフィードバックが強調表示されるため、寸法を記入する要素を確認できます。

注記:吸引がオンの場合、その要素タイプにしか寸法を記入できません。以下を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LevDimRoof.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LevDimSlab.png 

3.クリックして高度寸法を配置します。

踏面、踊り場、または踊り場構造の高度寸法

階段要素に高度寸法を配置するときは、Tabキーを使用して正しい要素を強調表示してから、クリックして配置します:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/StairLevelDim.png 

吸引がオンの場合の高度寸法

吸引がオンの場合、吸引を使用している特定の要素(スラブ、屋根、シェル、メッシュ)にのみ高度寸法を配置できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LevelDimPlace.png 

詳細は、「吸引」を参照してください。

高度寸法は、上面に配置した要素の輪郭外に移動した場合でも、要素に連動します。高度寸法は、連動している要素の輪郭外に移動した場合、次の規則に従って値が変化します。

スラブについては、変更はありません。値は高度寸法がスラブの輪郭内にある場合と同じになります。

屋根については、表示される値は屋根の投影延長部分により計算されます(つまり、計算結果の値になります)。

メッシュについては、フロアの高さが表示されます(ただし、高度寸法はそのままメッシュに連動します)。

高度寸法のツールの設定

高度の[寸法タイプ]パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LevelDimType.png 

高度寸法マーカー用の高さをここに入力します。

[回転角度]:高度寸法マーカーの回転角度を入力します。テキストは、マーカーシンボルとの元の関係を維持しながら、この角度で回転されます。

[マーカータイプ]:このポップアップをクリックすると、高度寸法用のマーカータイプを入力できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Rotation_Angle_Level_Dimension.png 

高度寸法の[テキストスタイル]パネル

寸法テキスト:[テキストスタイル]パネル」を参照してください。

連動する要素と一緒に隠す

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LevelDimHide.png 

デフォルトでは、連動要素が非表示になると(非表示レイヤー上など)、高度寸法も非表示になります。関連する要素が表示されているかに関係なく高度寸法を表示するには、このチェックボックスをオフにします。