立面寸法

線形寸法ツールの特殊なケースは、立面寸法組み立て法です。立面寸法を使用すると、断面/立面/展開図、および3Dドキュメントウィンドウに高さマーカーを配置できます。

注記:平面図またはワークシート/詳細図ウィンドウでは、高度寸法を使用します。高度寸法」を参照してください。

立面寸法は寸法の原点に基づいて計算されます。寸法の原点は、必要に応じて立面寸法の設定で指定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/DimOrigin.png 

一連の立面寸法は、連動寸法列として動作します。

立面寸法列を配置する

1.寸法ツールを起動し、立面寸法の組み立て法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LinearElevation.png 

2.断面/立面/展開図または3Dドキュメントウィンドウで、立面寸法が必要な一連の点をクリックします。

3.ダブルクリック(または制御ボックスで[OK]をクリック)し、かなづちカーソルを使用して寸法列を配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ElevDimHam.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ElevDimPlaced.png

断面/立面/展開図ウィンドウで、1回の操作で全てのフロア高度線に寸法を記入できます。

フロア高度線の寸法を設定する」を参照してください。

立面寸法の選択

Shiftキーを押しながら寸法列の非表示軸をクリックします(カーソルの形が矢印付きの三つ又に変化します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ElevDimExample.png 

立面寸法の設定

このダイアログボックスでの設定の大半は、「寸法ツールの設定」での設定と同じです。

以下では、立面寸法の設定に固有のコントロールについて説明します。

[マーカータイプを選択]:このポップアップをクリックすると、立面寸法用のマーカー/寸法テキスト配列を選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ElevDimMarkerType.png 

このアイコンの1つをクリックし、立面寸法マーカーの割合を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Proportions_Dimension.png 

このアイコンの1つをクリックし、立面寸法マーカーの方向を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Direction_Dimension.png 

いずれかのボタンをクリックして、輪郭またはソリッドマーカーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Outline_Solid_Dimension.png 

ポップアップリストから[寸法の原点]を選択します:

GL

海抜([オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義)

基準レベル([オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義)

[現在のユーザー原点]オプションは、選択した立面寸法列についてのみ表示され、寸法列が配置されユーザー原点が変更されても、その寸法列が更新されていないことを示します。