テキスト/自動テキストラベルの内容

次の例では、デフォルトのテキスト/自動テキストラベルに、ラベルを設定する要素のホットリンクID(存在する場合)と要素IDが含まれます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/TextLabelSettngsDefault.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/TextLabelDefault.png

デフォルトのテキスト/自動テキストラベルの内容を変更する

1.デフォルトラベルの設定で、[テキストラベル]パネルに移動し、[テキストを削除]をクリックして現在のデフォルトテキストを削除します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ClearText.png 

2.プロジェクトに(空の)テキスト/自動テキストラベルを配置します。

3.テキストエディタで、目的のラベルテキストを入力し、必要に応じて自動テキストを含めます。例えば、「耐火等級:」と入力し、その後に耐火性等級の自動テキストを入力します。このようにして、ラベルを追加する要素に関する連動データを表示する簡単なテキストラベルを作成できます。

自動テキストを挿入する手順」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FireRatingLabel.png 

4.クリックしてラベルを配置します。

5.以下のいずれかを実行します。

[パラメータを取得]コマンドまたはショートカット(Altキーを押しながらラベルをクリック)を使用して、そのラベルをデフォルトに設定します。

ラベルをお気に入りとして保存します。[ラベルテキスト]フィールド内のテキストがお気に入りの一部として保存されます。お気に入りを使用して、あらかじめ定義したテキストを使用してラベルを配置できます(「お気に入りの新規作成」を参照)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LabelDefaultSyringe.png 

ラベルのテキストブロック内の個々の文字、行、パラグラフの書式設定、またはテキストシンボルの挿入を行う場合は、テキストパレットおよびテキストエディタのコントロールを使用します。

注記:テキストツールのお気に入りは、寸法とラベルのテキストタイプの項目および塗りつぶしテキストに適用できます。

テキストパレットおよびテキストエディタ」を参照してください。