変更マネージャ内の変更のアーカイブ

発行済みの変更は全て任意にアーカイブすることができます(例えば、変更リストが非常に長い場合、現在のバージョンには無関係な多数の発行した変更がある場合など)。

変更マネージャで、リストから発行済みの変更を選択し、[変更をアーカイブ]ボタンまたはコンテキストメニューコマンドをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArchiveChange.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArchiveChangeContext.png

[アーカイブ済みの変更]は、変更マネージャ内で下記のアイコンで識別され、専用のフォルダに配置されます。これは、[アーカイブ済みの変更の表示/非表示]ボタンで隠すことができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArchivedChangeManager.png 

発行済みまたはアーカイブ済みの変更データは、限られた範囲でのみ修正できます。