変更マネージャパレット

変更マネージャパレットで変更点を追跡管理します。変更マネージャパレットには次のようにアクセスできます。

[ウィンドウ]→[パレット]→[変更マネージャ]

ナビゲータ/オーガナイザの左上のポップアップメニューから、[変更マネージャを表示]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChangeManagerContext.png 

変更マネージャの上部に、プロジェクトの全ての変更点がリスト表示されます。

注記:「リンクなし」として配置された変更マネージャは、リスト表示されません。リンクされていない変更マーカーは、リンク先のないグラフィック要素です。ただし、いつでも既存の変更にリンクすることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChangeManager.png 

未発行の変更:現在有効なレイアウト上で発行されていない変更も、変更マネージャでは青字でリスト表示されます(フィードバックを表示するには、レイアウトウィンドウを開く必要があります)。

発行済みの変更:少なくとも1つのレイアウト改訂で発行されている変更には、緑色の発行アイコンが表示されます(変更は別のレイアウト改訂に追加することもできます)。

アーカイブ済みの変更:必要に応じて、発行した変更の一部あるいは全てをアーカイブし、変更マネージャで別々にリスト表示することができます(変更マネージャ内の変更のアーカイブ」を参照)。

外部ファイル内の変更:ホットリンクまたは外部図面を介してホストファイル内に反映した変更(アーカイブされた変更を除く)には、ロックアイコンが表示されます(外部ファイルに由来する変更」を参照)。

選択した変更のコンテキストメニューを使用して、関連コマンドにアクセスします。発行した変更と未発行の変更では内容が異なるので注意してください(発行した変更はプロジェクトから削除できません。アーカイブは可能です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChangeManagerContext2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChangeManagerContext3.png

リンクされた要素まで拡大

変更マネージャの下部に表示された[リンクされた要素]から、要素を選択してダブルクリックすると、開いているウィンドウ(表示されている場合)またはソースビュー(現在、ウィンドウが表示されていない場合)内に選択した要素がズーム表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ZoomtoChange.png