塗りつぶしカテゴリ

[塗りつぶしカテゴリ]は、プロジェクト内の機能(切断塗りつぶし(2種類)、表面塗りつぶし、作図塗りつぶしによって塗りつぶしをグループ分けするために使用します。

1.切断塗りつぶし(2つのバリエーション):

組み立て要素(壁/スラブ/梁/柱/屋根/シェル/モルフ/メッシュ)の場合:切断塗りつぶしは、ビルディングマテリアル属性によって割り当てられます。(詳細図などで)このような要素を線/円弧に分解すると、分解した結果できる塗りつぶしは、切断塗りつぶし – ビルディングマテリアルカテゴリに入ります。このカテゴリの詳細塗りつぶしは、元の組み立て要素の物理プロパティを保持します。

この塗りつぶしカテゴリは、EcoDesigner STARアドオン製品でヒートブリッジ分析に使用する詳細の塗りつぶしに割り当てられます。

GDLベースの要素(オブジェクト、カーテンウォール)や、塗りつぶしツールを使用してフリーハンドで描いた塗りつぶしの場合は、[塗りつぶし設定]ダイアログボックスで切断塗りつぶしを割り当てます。このような要素を線/円弧に分解すると、分解した結果できる塗りつぶしは、(関連付けられている物理プロパティのない)切断塗りつぶしカテゴリに入ります。

切断塗りつぶしは、DXF/DWG変換時に、それ自身のレイヤーにオプションで配置できます。

2.表面塗りつぶし:平面図のスラブ、屋根、メッシュ、シェル、モルフ、およびゾーンの表示に使用することができます。表面塗りつぶしコントロールは、要素の設定ダイアログボックスで使用できます。(詳細図などで)このような要素を線/円弧に分解すると、分解した結果できる塗りつぶしは、表面塗りつぶしカテゴリに入ります。

表面塗りつぶしは、DXF/DWG変換時にそれ自身のレイヤーにオプションで配置できます。

表面塗りつぶしの割り当て」を参照してください。

3.作図塗りつぶし:他のカテゴリのように要素を表示するために割り当てることができます。または、どのモデルウィンドウにおいても手動で描画できる単純な2D塗りつぶしです。ただし、表示やエクスポートの目的で、このような塗りつぶしを「表面塗りつぶし」や「切断塗りつぶし」カテゴリに割り当てる場合もあります(下記を参照してください)。

2D塗りつぶし要素のカテゴリの変更

1.プロジェクト内の塗りつぶし要素を選択します。

2.塗りつぶしツールの情報ボックス(または塗りつぶしツールの設定)に移動します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillCatChange.png         //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillCategoryChoose.png

3.塗りつぶしのカテゴリを変更します。

例えば、切断塗りつぶしとして使用するために、詳細パッチとして塗りつぶしを描画する場合は、カテゴリを「作図」から「切断塗りつぶし – ビルディングマテリアル」に変更します。こうすることで、DWGのレイヤーにエクスポートする場合に、この塗りつぶしはプロジェクト内で組み立て要素のビルディングマテリアルのように動作します。

塗りつぶし種類属性のカテゴリの変更

[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスの各塗りつぶしには 1 つ以上の塗りつぶしカテゴリが割り当てられています。このカテゴリにより、インターフェイス全体で提供される塗りつぶしポップアップで使用できる塗りつぶしをフィルタリングできます。

ポップアップでの塗りつぶしの使用状況の定義」を参照してください。

塗りつぶしカテゴリを使用して表現の上書きでの塗りつぶし表示をコントロール

デフォルトでは、プロジェクト内の各塗りつぶしは、要素の設定または塗りつぶしの設定で定義したとおりに表示されます。

ただし、表現の上書きを使用すると、これらの設定レベルの定義をルールベースで上書きできるため、カテゴリ別に塗りつぶしの上書きを適用できます。

[ドキュメント]→[表現の上書き]→[表現の上書きルール]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/OverrideStyleControls.png 

表現の上書き」を参照してください。

塗りつぶしカテゴリでDXF/DWGへのエクスポートを最適化

これは、ARCHICADプロジェクトをDXF/DWG形式にエクスポートする場合に便利です。エクスポート処理時に、エクスポートする塗りつぶしのカスタムレイヤーを塗りつぶしのカテゴリに基づいて定義できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/CustomLayers.png 

カスタムレイヤー」を参照してください。

例えば、断面/立面図の壁とスラブの交差部上に2D塗りつぶしを描画しているとします。エクスポートの結果生成されるDWG/DXFファイルでは、おそらくモデルから生成される塗りつぶしと同じレイヤーにこれらの塗りつぶしを入れる必要があります。したがって、新しく描画した2D塗りつぶし(デフォルトでは作図塗りつぶし)は、壁およびスラブの断面図から生成される塗りつぶしとまったく同じように切断塗りつぶし – ビルディングマテリアルカテゴリに入れます。