塗りつぶしに面積数値を追加

塗りつぶしの設定の[一般設定]パネルの[面積の数値を表示]チェックボックスをオンにします。塗りつぶしを作成すると、かなづちカーソルが表示されます。1回クリックして面積数値の位置を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillTextHammer2.png 

テキストブロックは、塗りつぶしの面積を計算することで作成されます。テキストの設定は、[寸法テキストの設定]で設定するデフォルト値と同じになります。このテキストは、塗りつぶしが回転または反転しても、あるいはビュー自体が回転しても、画面上で常に水平に表示されます。

方向の設定」を参照してください。

注記: 塗りつぶしに穴が含まれている場合は、塗りつぶし領域の面積から差し引かれます。

フォントの設定や、面積の数値テキストの内容を修正するには、塗りつぶしそのものではなくテキストのみを選択し、[寸法テキストの設定]を編集します(この場合、[編集]メニューの最後のコマンドが[寸法テキストの設定]に変わります)。塗りつぶしテキストのスタイルは、塗りつぶしのお気に入りの設定の一部として保存されます。

寸法テキストの設定」も参照してください。

注記:テキストツールのお気に入りは、寸法とラベルのテキストタイプの項目および塗りつぶしテキストに適用できます。

面積の値の測定単位と精度は、([オプション]→[プロジェクト設定]→[寸法])で定義します。

面積の数値テキストはビューの向きに関係なく、常に画面上で水平に表示されます。