切断塗りつぶしの割り当て

組み立て要素(壁/スラブ/梁/柱/屋根/シェル/モルフ/メッシュ)の場合:切断塗りつぶしは、ビルディングマテリアル属性によって割り当てられます。組み立て要素は、割り当てられているビルディングマテリアルに対して定義されている切断塗りつぶしを使用します。

ビルディングマテリアル」を参照してください。

GDLベースの要素(オブジェクト、カーテンウォール)や、塗りつぶしツールを使用してフリーハンドで描いた塗りつぶしの場合は、[設定]ダイアログボックスで切断塗りつぶしを割り当てます。

オブジェクトなどのGDLベースの要素のデフォルト切断塗りつぶしを定義するには:

1.オブジェクトツールを起動するか、配置済みのオブジェクトを選択します。

2.要素の設定の[平面図と断面図]パネルに移動します(または、情報ボックスの[平面図と断面図]ボタンをクリックします)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChooseFill.png 

3.切断塗りつぶしパラメータの一覧では、塗りつぶしの名前またはアイコンをクリックして使用可能な塗りつぶし種類の一覧にアクセスし、いずれかの塗りつぶしを選択します。

注記:ここでは、[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]で開く[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスで切断塗りつぶしとして定義されている塗りつぶしだけを使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/WallFillsList.png