スプラインの作図

スプラインまたはベジェ曲線を描くには、ツールボックスのスプラインツールと、情報ボックスの1番目(通常スプライン)または2番目(ベジェ曲線)の図形作成法アイコンを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/SplineInfoBox.png 

通常スプラインは、節点を配置して定義します。節点は自動的に接続され、滑らかなカスタム曲線を生成します。接線の角度とこれによって生成されるスプラインの形状は、その後定義される各節点の影響を受けます。この操作を終了するには、最後の節点をダブルクリックするか、制御ボックスの[OK]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックすると、閉じたスプラインが作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Spline1.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Spline2.png

ベジェスプラインは、スプラインより複雑ですが、独特な形状を正確に作成できます。ベジェスプラインは自然スプラインと同様に節点で定義されますが、この節点のどちらかの側に編集可能な接線ハンドルがあり、さらに(オープンスプラインの場合は)両端に1つずつ接線ハンドルがあります。ベジェスプラインの形状は、接線の方向と各接線ハンドルの長さによって影響されます。

ベジェスプラインを定義するには、マウスを1回クリックして節点を配置し、そのままマウスボタンを押し続けます。節点を任意の方向に移動することで、最初の接線と、湾曲を定義する編集ハンドルの長さを決めます。ここでマウスボタンを放すと、次のクリックで次の節点の定義を開始すると見なされます。マウスボタンを押しながら、同様の操作で次の接線と節点を定義します。この操作を終了するには、最後の節点をダブルクリックするか、制御ボックスの[OK]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックすると、閉じたスプラインが作成されます。

ベジェスプラインを編集するには、各ハンドルの長さを個別に変更します(接線ハンドルを移動するペットパレットコマンドを使用)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/MoveTangent.png 

注記:節点の両側のハンドルは 左右とも同じ角度にしか設定できませんが、ハンドルの長さは個別に設定できます。ハンドルを長く設定するほど、節点での曲線が滑らかになります。

鋭角の節点からハンドルを引っ張り、それらを曲線に変えることができます。

注記: ベジェスプラインの編集用ハンドルの表示は、[表示]→[表示オプション]→[スプライン制御点]の状態に依存します。これが[表示]に設定されている場合には、全ての編集ハンドルが平面図上に表示されます。[隠す]に設定されている場合は、最後に選択したスプラインの編集ハンドルのみが表示されます。選択を解除すると、編集ハンドルは表示されなくなります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Spline3.png