グループ

グループは、レイアウトブック内のフォルダです。グループにより、レイアウトの編成を行い、レイアウトの番号付け規則を定義できます。ナビゲータまたはオーガナイザで作業しているとき、適当な位置にレイアウトをドラッグ&ドロップするだけで、レイアウトをグループに配置できます。

オーガナイザパレットで新規レイアウトを作成し、グループの名前を右クリックすると、レイアウトがこのグループに自動的に配置されます。グループフォルダは、小さい番号1の付いたフォルダアイコンで示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/SubsetIcon.png 

グループが不要な場合、レイアウトをグループに配置せずに、レイアウトブックに配置できます。ただし、グループは、複数の文書セットが存在する大規模プロジェクトを編成する場合には便利です。IDをレイアウトに割り当てるとき、レイアウトの検索を容易にするため、レイアウトIDシステムにグループ階層を反映させることができます。

グループ作成時に名前を付け、ナビゲータパレットの[特性]部分で名前を変更できます。

IDの詳細は、「レイアウトIDと図面ID」を参照してください。

発行セットの内容を設定するときに、レイアウトブックのグループにショートカットを追加できます。こうすると、グループフォルダとその内容にリンクされた発行セット項目が作成されます。レイアウトブック内のグループの内容に変更を加えると、発行セットの内容にもその変更が反映されます。

発行セットに項目を追加」を参照してください。