ホットリンクを配置

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

1.[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクを配置]を選択してください。

[ホットリンクを配置]ダイアログボックスが表示されます。

プロジェクトにすでに1つ以上のホットリンクが含まれている場合:

最後に配置されたホットリンクが表示されます。[ホットリンクを配置]をクリックして再度配置するか、[モジュールを変更]をクリックして別のモジュールを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/PlaceHotlinkAgain.png 

ホットリンクがまだ配置されていない場合:

[モジュールを選択]をクリックして、モジュールを定義します。

 //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/PlaceModule.png

2.ホットリンクモジュールを選択

[ホットリンクモジュールを選択] ダイアログボックスが表示されます。プロジェクト内のホットリンクモジュール(存在する場合)は、それらのリンクフロアとソースファイルの場所に関する情報と共に表示されます。

IFCベースのモジュールの場合、[変換情報]列には、ファイルをARCHICADに変換する際に使用されるテンプレートおよびトランスレータのファイルが示されます。

Rhinoベースのモジュールの場合、[変換情報]列はモジュールを識別するタイムスタンプです。

IFCファイルをホットリンク」も参照してください。

3.以下のいずれかを実行します。

リストに表示されている、このプロジェクトのいずれかの既存モジュールを選択します。

[新規モジュール]をクリックして、現在のプロジェクトに新しいホットリンクモジュールを追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SelectHotlinkModule.png 

[新規モジュール]を選択した場合:

新しいホットリンクのソースを選択します。[ファイルから]または[チームワークプロジェクトから]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/NewHotlink.png 

[ファイルから]:ディレクトリダイアログボックスが表示されます。モジュールとして使用する目的のファイルを選択します。

[チームワークプロジェクトから]: 表示されるダイアログからチームワークプロジェクトを選択します。BIMcloudを選択してユーザー名とパスワードで認証し、必要なプロジェクトを選択します。

注記: ソースチームワークプロジェクトとホストプロジェクトのバージョン番号を同じにする必要があります。

IFCファイル形式を選択した場合:

その他のオプションについては、「IFCファイルをホットリンク」を参照してください。

Rhino(.gsm)ファイル形式を選択した場合:

その他のオプションについては、「Rhinoファイルをホットリンク」を参照してください。

4.[選択]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SelectHotlinkModuleSelect.png 

5.選択したPLNまたはMODファイルに複数のフロアがある場合、[フロアを選択]ダイアログボックスが表示されます。

注記: [フロアを選択]は、(全てのフロアが配置された)IFCモジュールおよびRhinoベースのモジュールでは表示されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ChooseStory.png 

オプションを選択します:

[単一フロア]: 表示されたフロアの1つをクリックしてホットリンクとして配置します。

[全てのフロア(モデル全体)]: モジュールファイルの全てのフロアをホストプロジェクトに配置します。

6.[OK]をクリックします。

7.[選択]をクリックして、[ホットリンクを配置]ダイアログボックスに戻ります。このダイアログボックスの[ホットリンク設定]コントロールを使用して、以下を行います:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/PlaceModuleHLSettings.png 

マスターレイヤーと向きを設定

オプションのマスタIDを割り当て

要素の高度と上部リンクされた要素の取り扱い方法を定義

注記:IFCファイルをホットリンクする場合、[要素の高度]オプションを「高度を保持」に設定してください。そうしないと、インポートしたモデルの要素を別のフロア構造に配置するときに、壊れてしまう場合があります。

詳細は、「ホットリンク設定」を参照してください。

8.[ホットリンクを配置]をクリックします。

9.[フロアの調整](複数のフロアがあるホットリンクモジュールの場合):

[フロアの調整]ダイアログボックスで、ホストプロジェクトの現在のフロアに配置するモジュールのフロアを選択します(Rhinoベースのモジュールには関係ありません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/MatchStoriesModule.png 

配置しているモジュールよりフロアが少ないホストプロジェクトに複数フロアモジュールを配置した場合、ホストプロジェクトに「適合」しないモジュールのフロアは表示されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/MatchStoriesMore.png 

これを解決するには、ホストプロジェクトで必要な数の追加フロアを作成します。

10.[OK]をクリックしてホットリンクを配置します。