チームワークとプロジェクトのマークアップ

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

チームワークプロジェクトでは、[マークアップツール]パレットに[チームワーク]パネルが含まれます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/MarkUpTeamwork.png 

単独のARCHICADプロジェクトを共有した場合、それに含まれるマークアップ項目は、チームワークプロジェクトのユーザーによって所有されません。マークアップ項目がユーザーに割り当てられるまで、[チームワーク]パレットの[割り当て先]フィールドには「なし」と表示されます。

「なし」は、チームワーク以外のプロジェクトでマークアップ項目が作成されたか、以前の所有者がプロジェクトからログアウトしたため、マークアップ項目の所有者が現在いないことを表します。

全てのユーザーは他のユーザーのマークアップを表示できますが、自分が所有しているマークアップしか編集できません。

マークアップ項目の要素の確保、解放、要求はできません。

プロジェクト属性であるマークアップスタイルは、チームワークの類似データセットと同様に[マークアップスタイル]ダイアログボックスで確保/解放/要求できます。

ユーザーは、ログインしている別のユーザーに自分のマークアップ項目の所有権を割り当てることができます。

マークアップ項目を別のユーザーに割り当てる

1.[マークアップツール]パレットを有効にします([ドキュメント]→[マークアップツール])。

2.対応する項目を[マークアップ項目]パネルで選択します。

3.[チームワーク]パネルで[割り当て先]ポップアップをクリックし、ユーザーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/AssignToLinda.png 

4.デフォルトのテキスト「マークアップ項目… はあなたに割り当てられています!」を含むメッセージが、選択した受信者宛で自動的に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/LindaMessage.png 

5.[送信]をクリックします。選択した受信者にマークアップ項目が割り当てられ、受信者はこの趣旨のメッセージを[作業]リストで受け取ります。