要素とプロジェクトデータを解放(チームワーク)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

プロジェクトデータを解放

自分が所有するプロジェクトデータを解放するには、関連ダイアログボックスを開くか[ナビゲータ]で項目を選択し、ダイアログボックスの下部かナビゲータ項目のコンテキストメニューから[解放]コマンドをクリックします。

データタイプを解放すると、[キャンセル]をクリックしてダイアログボックスを終了しても、変更した内容がサーバーに送信されます。

選択した要素を解放

自分が現在所有している要素を解放するには、その要素を選択し、次のいずれかの場所から[選択要素の解放]コマンドをクリックします。

チームワークパレット([解放]ボタンまたはポップアップの[選択要素とコメントを解放]オプションを選択)

[チームワーク]メニュー

選択した要素のコンテキストメニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReleaseButton.png 

解放した要素の情報タグには、「未確保」と表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/FreetoReserve00112.png 

別のユーザーが確保できるようになります。

ユーザーがこの要素の要求を送信している場合は、そのユーザーが、解放直後にその要素(およびメッセージ)を自動的に受信します。

修正した要素を解放する前に、変更内容をサーバーに送信する必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SendRelease.png 

全てを解放

何も選択していない場合、[チームワークパレット]のボタンは[全てを解放]になります。このボタンでは、確保したもの全て(要素とプロジェクトデータの両方)が解放されます。

ポップアップボタンをクリックし、その他の解放コマンドにアクセスしてください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReleaseCommands.png 

解放して閉じる

[送信/保存]を使用して確保を保持または解放」を参照してください。

解放とコメント

[チームワークパレット]およびプロジェクトデータのダイアログボックスの解放コマンドでは、「解放とコメント」オプションを使用できます。BIMcloudの[アクティビティ]パネルにコメントを追加して(その他のユーザーにメッセージを送信するかどうかに関係なく)解放イベントをレポートするには、これを選択します。

コメントをアクティビティに追加(チームワーク)」を参照してください。