ローカルチームワークデータを管理

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

以前にチームワークプロジェクトに参加したことがあり、そのチームワークプロジェクトがアクティブではなくなった場合、コンピュータ上の保存場所を占有している不要なローカルデータを削除する必要があります。

ローカルデータ管理([チームワーク]→[プロジェクト]→[ローカルデータ管理])機能により、参加したチームワークプロジェクトのローカルデータを管理するために役立つ情報を取得できます。

このセクションのトピック

ローカルデータとは

ローカルチームワークプロジェクト/ライブラリデータに関するフィードバックを取得

ローカルチームワークデータを別のフォルダに移動

ローカルチームワークデータを別のコンピュータに移動

ローカルチームワークデータを削除

チームワークデータのクリーンアップリマインダのスケジュールを設定

ローカルデータとは

チームワークプロジェクトに参加するとき、または外部プロジェクトから図面のリンクを作成するとき、プロジェクトとそのライブラリのローカルコピーがハードドライブに作成されます。

ローカルデータはローカルデータフォルダに保存されます。デフォルトでは、このフォルダはハードドライブ上のユーザーデータにある「GRAPHISOFT」フォルダに配置されます。

全てのチームワークプロジェクトの全データは、ARCHICADのバージョンに関係なく、この1つの場所に保存されます。

チームワークプロジェクトのローカルコピーを保存」も参照してください。

チームワークプロジェクトを退出するときに、そのプロジェクトのローカルデータは自動的に削除されます。不要データの問題は、ユーザーが参加を続けているプロジェクトに対してのみ発生します。

チームワークプロジェクトの参加または退出」を参照してください。

ローカルチームワークプロジェクト/ライブラリデータに関するフィードバックを取得

コンピュータに保存されているローカルチームワークデータのステータスと使用頻度を確認するには、[ローカルデータ管理]ダイアログボックスに移動します([チームワーク]→[プロジェクト]→[ローカルデータ管理])。

このダイアログボックスに表示される項目は、以下のとおりです。

[プロジェクト]は、チームワークプロジェクトのローカルで保存されたデータです(プロジェクトデータには埋め込みライブラリは含まれますが、BIMcloudライブラリは含まれません)。

[ライブラリ]は、1 つまたは複数のチームワークプロジェクトで使用されているBIMcloudライブラリのローカルコピーです。

ローカルデータのステータスとプロパティの確認

各プロジェクトおよびライブラリと一緒に以下の項目が表示されます。

[ステータス]:サーバーに関するプロジェクトまたはライブラリデータのステータス(例:「未送信の変更」や「アタッチ解除」)

[場所]:BIMcloud上のプロジェクト/ライブラリのフォルダ

[前回の使用]: このプロジェクトに前回アクセスした日付です。

これは、お使いのコンピュータにライブラリを前回ダウンロードした日付です(通常は、このライブラリを使用するチームワークプロジェクトを前回開いた日付です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ProjectProperties.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/LibrariesProperties.png 

リストで選択したプロジェクトまたはライブラリに関する以下の情報が、[プロパティ]タブページに表示されます。

– プロジェクトまたはライブラリが配置されているホストサーバーまたはモジュールの名前、アドレス、使用状況

– プロジェクトまたはライブラリのバージョン、サイズ、フォルダ

サブトピック