属性マネージャーでの確保:全ての属性を確保(チームワーク)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

チームワークの他のダイアログボックスと同様に、属性マネージャーもコントロールライトシステムを備えます。必要なタブページに移動して特定の属性タイプを確保することができます(例:レイヤー(下図参照))。

ダイアログボックスの下部にある[チームワーク]ポップアップをクリックして確保コマンドを選択します。ここでのレイヤーの確保処理は、[レイヤーの設定]ダイアログボックスの確保処理と同じです。

注記: [チームワーク]ポップアップがグレーの場合、属性を削除または修正するために必要なアクセス権利がないことを意味します。

同じポップアップから[全ての使用可能属性タイプを確保]を選択することもできます。このコマンドは、全ての使用可能属性の設定ダイアログボックスでの「全てを確保」処理と同じです。確保した属性は、属性マネージャーの対応するタブページと、対応する設定ダイアログボックス([レイヤーの設定]など)に緑のランプが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/AttributeManagerTW.png 

同様に、[チームワーク]ポップアップの解放コマンドを使用して、属性を個別に、または全部まとめて解放することができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReleaseAttributes.png 

関連トピック

属性マネージャー