チームワークプロジェクトデータの所有に関するフィードバック

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

各ダイアログボックスの下部(または各ナビゲータ一覧の下部)では、チームワークステータスの「コントロールライト」が色分けされて、そのデータタイプの現在のステータスが示されます。

青 – 未確保。[確保]ボタンを使用できます([確保]をクリックすると、確保したデータタイプがサーバーと自動的に同期されて最新になります)。

緑 – 編集可能。このデータタイプは自分に属しています。必要に応じてこのデータの修正か削除を実行するか、右側のボタンを使用して解放できます。変更内容はサーバーに送信されます。

確保には別のオプションがあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReleaseVariationsGreen.png 

解放とコメント。データが解放され、解放イベントがコメントの形でBIMcloudの[アクティビティ]パネルに追加されます。このときにメッセージを送信するオプションもあります。

コメントをアクティビティに追加(チームワーク)」を参照してください。

赤 – 確保済み(ユーザー名)。[要求]ボタンを使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReservedRed.png 

要素とプロジェクトデータを要求(チームワーク)」を参照してください。

グレー – アクセス不可能(サーバーはオフライン)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/OfflineGrey.png 

グレー-アクセス権利なし:属性カテゴリに関するアクセス権利がありません(「作成」も「修正/削除」もない)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/NoAccessRight.png 

プロジェクトに参加している全てのユーザーに対して、表示ランプは常に最新の情報を示します(例えば、[レイヤー設定]ダイアログボックスを確保している場合、確保したユーザーの表示ランプは緑になり、同時に他のユーザーの[レイヤー設定]表示ランプは赤になります)。

自分が所有するプロジェクトデータのリストは、[チームワークパレット]の[自分の作業領域]ポップアップに組み込まれます。

作業領域を調査(チームワーク)」を参照してください。

サーバーに送信していない、新しく作成した項目は、[ナビゲータ]で緑色で表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/UnsentGreenData00107.png