ライブラリオブジェクトを確保(チームワーク)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

ライブラリオブジェクトをチームワークプロジェクトに配置すると、このオブジェクトの配置済みインスタンスは自動的に確保されます。オブジェクトの移動や削除はグラフィカルに実行できます。

その他の配置済みオブジェクトインスタンスは、チームワークのその他の要素と同じように要求または確保できます。

オブジェクトファイルが埋め込みライブラリに配置されている場合は、配置済みインスタンスとは別に、このソースファイルを確保することもできます。

埋め込みオブジェクトを確保するには、ライブラリマネージャーの[埋め込みライブラリ]に移動します。オブジェクトファイルを選択して[確保]をクリックしてください。

ライブラリマネージャー」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReserveLibPart.png 

オブジェクトのソースファイルが確保されました。パラメータを修正できます([ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[オブジェクトを開く]を使用)。オブジェクトのソースファイルの修正内容は、確保していなくても、全ての配置済みインスタンスに反映されます([送信/受信]後)。