環境設定(エネルギー評価)

このダイアログボックスは、右上にある[エネルギーモデル再検討]パレットのポップアップまたは[デザイン]→[エネルギー評価]→[環境設定]から開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/OpenEnvironment.png 

[環境設定]ダイアログボックスは、以下の項目を収めます。

設定:[場所と気候]、[地盤面レベル]、[土壌タイプ]、[環境]

他のダイアログへのリンク:[プロジェクトの場所]、[気候データ]、[表面伝熱]、[防風]、[水平日除け]

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Environment_Settings.png 

プロジェクトの場所

エネルギー評価では、StruSoft Climate Serverから気候データを取得するときに地理的な位置を考慮します。[環境設定]パネルの[プロジェクトの場所]ボタンを使用して、ARCHICADの[プロジェクトの場所]ダイアログボックスにアクセスします。

プロジェクトの場所とプロジェクトの北」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Project_Location.png 

地盤面レベル

このコントロールは、[環境設定]ダイアログボックスに配置されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/GradeLevel.png 

ARCHICADではエネルギー評価のために、以下の2つの方法で地面と建築物の接続をモデリングできます。

[オフセット距離]:GLまたは事前定義の基準レベルから地盤面をオフセットする距離です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Grade_Level_offset_distance.png 

[メッシュ要素によってモデル化]:建築物の周囲の敷地が完全に水平ではない場合に、メッシュツールを使用してこれをモデリングします。これにより、地面と接する構造のエネルギーモデリング精度が向上します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Grade_Level_model_by_mesh.png 

表面伝熱

このダイアログでは、プロジェクトの全ての不透過構造の内部/外部の熱伝達率をまとめて定義します。U値計算機能で入力された表面の熱伝達率は、個々の構造のレベルの静的熱特性の計算にのみ影響を与えますが、[表面伝熱]パネルのグローバル設定は、動的エネルギー収支シミュレーションに使用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/SurfaceHeatTransfer.png 

地域の標準で他の値を使用する必要がある場合にのみ、デフォルトの表面のグローバル値を変更することをお勧めします。

土壌タイプ

ポップアップから、建築場所の土壌タイプを最も適切に表したオプションを選択します。この設定は、地面に接する構造の熱流量計算の基準となります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/SoilTypeControls.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Soil_types.png

選択した土壌タイプの下に、適用可能な[熱伝導率]、[密度]、[比熱容量]の値が表示されます。

環境

建築物の環境を最も適切に表した[環境]オプションを[ウォーターフロント]、[庭園]、[舗装済み]、[カスタム]から選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Surroundings.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Waterfront.png

この設定は、間接的な日射効果の計算に使用されます。

防風

[環境設定]ダイアログボックスの[防風]をクリックすると、[防風]ダイアログボックスが開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/WindProtection.png 

グラフには8つの方向が表示されます。扇形の各項目の長さは、(1年間に)該当する方向から風が生じる頻度と風速をパーセンテージで示します。

建築物のそれぞれの向きに対して、適切な防風レベル([保護済み]、[部分的に保護済み]、[保護されていない])を選択します。グラフには、向きごとに防風レベルを示す点が配置され(点が高いほど、防風係数が高いことを示します)、この点は赤線で結ばれます。

外部日除け

ARCHICADのエネルギー評価のモデルベースのソーラ解析機能は、建築物の外郭構造の透過要素にのみ有効です。ただし、外部オブジェクトによって、建築物の外郭構造の不透過要素に投影される影の範囲は自動的には定義されません。

[水平日除け]ボタンを使用すると、太陽光を受ける建築物の側面をリスト表示する個別のダイアログが有効になります([向き]のリストはプロジェクトの場所に応じて変更されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/External_Shading.png 

向きごとに、外部オブジェクトによって生じる日陰の量を最も適切に表すオプションを選択します([なし]、[低]、[中]、[高]のいずれかのオプションを選択します)。