エネルギー源換算係数(エネルギー評価)

このダイアログボックスは、以下の方法で開きます。

[エネルギーモデル再検討]パレット右上のポップアップから

[デザイン]→[エネルギー評価]→[環境設定]

一次エネルギーおよびCO2排出の換算係数

エネルギー源ごとに、一次エネルギーおよびCO2排出の換算係数のデフォルト値が表示されます。これはDINV-18599標準に基づいたデフォルト値であり、プロジェクトの場所に応じて異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/Energy_Source_Factors_Only.png 

このデフォルト値を使用するか、必要に応じて地域固有のデータを入力します。

電力源

[エネルギー源換算係数]ダイアログボックスの下部で、建築物の電力源を1つまたは複数定義します。表示されている電力源項目をクリックしてドロップダウンリストを使用し、電力源(天然ガス、プロパン、石油、木材、石炭、原子力、風力エネルギー、太陽エネルギー、水力エネルギー、不明)を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/ElectricitySource.png 

複数のエネルギー源を使用する場合、[+](プラス)ボタンをクリックしてから、追加するエネルギー源を選択します。使用する各エネルギー源の比率を、合計が100%になるように定義します。行を削除するには、[-](マイナス)ボタンをクリックします。