直線セグメントの接続ポートからルーティングスタート

ルーティング機能を使用して、接続された複数のMEP要素を連続クリックで配置します。

この機能は、平面図と3Dウィンドウの両方で有効です。

このセクションのトピック

ルーティングの環境設定

ルーティングスタート

ルーティング終了

ルーティング中の高さの相違

ルーティングオプション

既存のMEP要素でルーティングを開始

マジックワンドでルーティング

MEPルーティングパレット([ウィンドウ]→[パレット]→[MEPルーティング])でオプションを設定します。各要素で別のオプションを使用できるよう、オプションはルーティング作業の途中でも変更できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RoutingPalette00001.png 

1.上のドロップダウンメニューから[ダクト]、[パイプ]、[ケーブル]のいずれかを選択します。

2.ルーティング済み要素の断面形状の設定を、円形、楕円または(ダクトのみ)フレキシブルから選択します。

断面の高さと幅の値を入力します (事前定義の値をポップアップから選択するか、任意の値を入力します)。事前定義のダクトおよびパイプサイズのリストは、[MEP設定]で編集できます ([デザイン]→[MEPモデリング]→[MEP設定])。

3.4つのアイコンから1つをクリックして、組み立て法を選択します ([座標情報]でも設定できます)

ルーティング作業は全て、「一定高さ」(水平矢印)として設定された高さから開始します。ウィンドウをクリックしてルーティングを開始してから、作業の進行後ルーティングの高さを変更する場合は、他の組み立て法に切り替えることができます (「ルーティング中の高さの相違」を参照)。

4.このルーティング作業のMEPシステム属性を選択します。

5.基準線の位置: ルーティングパレットの9個の点から1個を選択して、ルーティング済み要素の基準線の位置を定義します (基準線はルーティング作業中のみ関連があり、画面上でクリックしてルーティング済み要素を配置するとその要素の配置基準点を示します)。

下図では、ルーティング中の基準線はルーティングの方向を示すようダクトの左上隅に沿って配置されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/Alignment.png 

ルーティング中いつでも基準線の位置を切り替えることができます。

6.必要に応じて、ルーティングオプションを調整します。(「ルーティングオプション」を参照)。

7.ルーティングする要素のレイヤーを選択します。

ルーティングスタート

MEPルーティングパレット下の[ルーティングスタート]をクリックします。ボタンのテキストが[ルーティング終了]に切り替わり、ルーティングが進行中であることを示します。

ツールボックスは、関連する直線セグメントタイプツール(ダクト、パイプまたはケーブル)に自動的に切り替わります。

現在のウィンドウの内側をクリックして、ルーティングを開始します。フィードバックとともに座標情報が表示され、最初の要素の配置を示します。

注記: 配置済みMEP要素の接続ポートからルーティング作業を開始できます。既存のMEP要素でルーティングを開始」を参照してください。

要素の配置を開始します。クリックすると、ルーティングパレットで設定したパラメータと特別な配置を使用して、複数のMEP要素を互いに接続します (ルーティングパレット設定は、対応する現在のツールのデフォルト設定を上書きします)。

直線セグメントを必要な分描画します。クリックしてこの入力を完了すると、プログラムはこの辺を[デザイン]→[MEPモデリング]→[MEP設定]の[ダクトまたはパイプ分節長さ限度]で定義した長さのダクト/パイプ辺に分割します。

注記:ルーティング中、[平面図]ウィンドウにARCHICADの参照線が表示されるので便利です(参照線表示をオンにしている場合)。MEP作業中、参照線には自動的に[デザイン]→[MEPモデリング]→[MEP設定]で定義された標準ベンド角度が適用されます。

次のクリックで要素が完成しますが、作業は続行します。クリックを続けると、ルートに要素を追加して配置できます。

Backspaceキーを押すと、最も最近配置したルート要素を削除します。

ESCキーを押すと、ルーティング作業をキャンセルします。

ルーティング終了

ルーティングパレット下の[ルーティング終了]ボタンをクリックするか、またはダブルクリックするとルーティング作業を終了します。

配置済み要素の接続ポートをクリックしてすでに配置済みのMEP要素に接続しても、ルーティングを終了できます。

接続済み要素の接続形状が一致しない場合は、遷移要素が自動的に挿入されて適切に接続されます。

ルーティング中の高さの相違

ルーティング作業を開始するときに、ルーティングパレット(水平矢印で示される組み立て法)の[一定高さ]に表示される高さの値をクリックします。この高さの値をクリックすると、複数の組み立て法から選択できます。

垂直上昇: 組み立て法を[垂直上昇]に切り替えます。平面図にダイアログボックスが表示されます。次の要素を終了させる高さを入力してください。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じて垂直辺を配置し、ルーティングを続行します。3Dウィンドウでは、垂直編集面に沿って辺を描画するだけです。

一定勾配角度: 組み立て法を[一定勾配角度]に切り替えて、スロープの角度を入力します。この作業中、角度の値を変更するか別の組み立て法に切り替えるまで、次にルートされる要素はこのスロープに沿って配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/ConstantSlope.png 

注記: スロープの角度の単位(度またはmm/メートルなど)は[MEP設定]の[上昇/下降単位]コントロールで定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RiseDrop.png 

[3D編集面]組み立て法は、3Dウィンドウでのみ使用できます。3D編集面を使用するには、ルーティングを開始して少なくとも1つの要素を上記の組み立て法を使用して配置している必要があります。その後、次の組み立て法の1つに切り替えて(3D編集面アイコンの3つのフライアウトオプションから1つをクリック)、選択した面に沿ってルーティングを続行します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/MEP3DPlanes.png 

幅平面: ルーティングは幅平面に沿って続行します。この面は最後に配置されたルーティング済み要素の中心線と「幅」方向によって作成されています。

高さ平面: ルーティングは高さ平面に沿って続行します。この面は最後に配置されたルーティング済み要素の中心線と「高さ」方向によって作成されています。

垂直平面: ルーティング作業の最後に配置された要素の面から垂直の面に沿って、ルーティングを続行します。

3D入力面はルーティング中、フィードバックとして表示されるため、選択した入力面の結果を簡単に可視化できます。

ルーティングオプション

MEPルーティングパレットで[ルーティングオプション]をクリックすると、次の項目にアクセスできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RoutingOptions.png 

ここで設定したオプションは、次のルーティング作業から適用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RoutingOptionsList.png 

[接続]: 必要に応じて、接続タイプ(フランジ、溶接、簡易)を選択します。

[断熱材]: このチェックボックスをオンにすると、ルーティング作業中に配置したMEP要素の外側にオプションで断熱材層を追加します。[断熱材厚さ]を定義します。

[ベンドタイプ]でポップアップの黒矢印をクリックすると、ルーティング作業中に自動的に配置されたベンドのベンドタイプを選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/OptionsListed.png 

[ダクトベンドのデフォルト設定]ダイアログボックスから選択できるベンドタイプと同一のベンドタイプがあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/DuctOptionsSettings.png 

遷移ルール: ルーティング作業の途中でセグメントの形状(幅、高さ、または形状)を切り替えた場合に、正確に接続されるよう自動的に配置された直線セグメントが遷移です。ルートのベンドで切り替えが発生した場合は、遷移要素はベンドの前または後に配置されます。使用する設定([ベンド前に配置]/[ベンド後に配置])を選択します。

既存のMEP要素でルーティングを開始

MEP要素をすでに配置した場合は、配置済み要素のどこからでも次の3つの方法で新しいルーティング作業を開始できます。

MEPルーティングパレットで[ルーティングスタート]をクリックします。

配置済みの直線MEP要素の接続ポートをクリックします。

クリックした接続ポートから、ルーティングが開始します。

注記: 直線セグメントの接続ポートは編集可能です(菱形のホットスポットで表示されます)。つまり、ルーティングを鋭角な曲がりにした場合は、元の直線セグメントはベンドに適合するよう自動的に短くなります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RouteEdit1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RouteEdit2.png

他のMEP要素タイプの接続ポートからルーティングスタート

他のMEP要素(ベンド、接合部、ターミナル)には、形状が固定された接続があります。このような接続ポートのどこからでも、新しいルーティング作業を開始できます。ルーティングを開始するには、接続ポートをクリックします。参照線が、標準ベンド角度に対応して表示されます。ルーティングを続行する参照線に沿ってクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/RouteTee.png 

既存のMEP要素を切り取る必要がある角度で、新しくルーティングされた要素を配置することはできません。

3Dウィンドウでは、参照線を使用できません。その代わりに、Shiftキーを押しながらルーティングを開始して、最初に配置した要素のルーティングを直交方向に制限します。最初に配置した要素を他の角度でルーティングする場合は、[座標情報]で角度の値を入力してください。

配置済みのMEP要素に接合部を配置してルーティングスタート

すでに配置した直線MEP辺に接合部を配置して、ルーティング作業を開始することができます。

MEPルーティングパレットで[ルーティングスタート]をクリックします。

配置済みのMEP要素の中心線をクリックします。

クリックした位置に接合部を挿入して、ルーティングが開始します。

[接続要素を挿入]ダイアログボックスが表示されます。挿入する接合部タイプ(T型ダクト、ダクト分岐、Y型ダクト)を選択してから、[OK]をクリックします (使用可能な接合部タイプは、クリックした要素がダクト、ケーブル、パイプのいずれであるかによって異なります)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/InsertJunction.png 

次に、選択した接合部タイプによっては、使用可能な複数の形状を選択するプロンプトが表示される場合があります。

Y型ダクト接合部を配置した場合は、2回クリックする必要があります。

最初に、Y型ダクトを既存の要素のどちら側に配置するかを、クリックして定義します。

次に、2つのY型分岐のどちらかの方向をクリックして、次のルーティング要素を接続する方向を定義します。

平面図でダクト分岐を配置する場合、次の手順を実行します。

1.最初に、分岐を要素のどの側(右、左、上、下)に取り付けるか、クリックして定義します。

2.「上」をクリックすると、プログラムでは次に配置される要素は分岐に対して右角度になり、画面上の挿入点にカーソルを移動すると、4つの横方向から1つを選択するプロンプトが表示されます

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/TakeoffRouting1.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/MEP_User_Guide00002.jpg

(次に配置される要素を垂直にする場合は、画面上のフィードバックに示される4つの横方法のいずれも選択しないでください。その代わりに、組み立て法(MEPルーティングパレットまたは[座標情報]を使用)を[垂直上昇]に切り替えて、次の要素を配置してください)。

3.水平の辺を配置した後、表示される参照線をクリックして次のルーティング要素を続行する角度を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/DuctTakeoffRouting.png 

同様に、平面図でT型ダクトを配置する場合は、表示される参照線をクリックして次のルーティング要素を続行する角度を定義します。

新しく配置されたMEP要素はクリックした接続ポートのパラメータ(要素タイプ、MEPシステム、形状、高さ)を使用し、ルーティングパレットの現在のパラメータはクリックした接続ポートのパラメータで上書きされます。

注記: 様々な高度に配置された複数のMEP要素が一致する接続ポイントになるよう、平面図に表示されます。接続点のひとつからルーティングを開始する場合は、接続ポートを選択するプロンプトが表示されます。

マジックワンドでルーティング

ARCHICADのマジックワンド機能を使用して、連結接続するMEP要素をクリック1回で配置します。

MEPルーティングパレットで環境設定を行い、[ルーティングスタート]をクリックします。

スペースキーを押してマジックワンドを有効にしてから、既存のポリラインまたはポリゴンをクリックします。

MEPルートが配置されます。

通常のARCHICADツールとともにマジックワンドで作業する場合とは対照的に、MEPルーティング中に使用されるマジックワンドは曲線要素を再作成しません。直線セグメントが、曲線要素の2つの端点を接続します。したがって、マジックワンドを使用して配置された全てのMEPルーティング済み要素は、必要に応じてベンドで接続された直線セグメントになります。

注記: ルーティング済み要素の配置にマジックワンドを使用できるのは、MEPルーティング作業の初期段階のみです。