一般設定

MEP要素のデフォルト設定は、[ツールの設定]ダイアログボックスで設定されます。このMEPダイアログボックスは、ARCHICADのオブジェクト設定と似ています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/DuctBendDB.png 

モデル内での要素の位置を値で設定します。

相対高さ(現在のフロア、または配置フロアから測定)

絶対高さ(GLまたはその他の定義済み基準レベルから測定)

回転角

要素のミラー配置

配置フロア

MEPの[カスタム設定]パネル

このパネルにはMEPオブジェクトによって、2つまたは3つのタブがあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/GenSettings.png 

このMEPオブジェクトの基本形状(ダクトの長さなど)を入力します。

一部のMEPオブジェクトでは、他の値によって入力可能な値の範囲が決まります。

例えば、T型ダクトの長さ([一般設定]タブページで設定)は、ダクトから枝分かれしているT分岐の幅([接続]タブページで設定)より小さくすることはできません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/TeeLength.png 

[断熱材]: 要素の外表面に断熱材層を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。その後、断熱材の厚さの値を下のフィールドに入力します。

[MEPシステム]: この要素(例えば、ダクト)の全ての接続ポートが単一の目的で使用されている場合は、[一般設定]タブページにMEPシステムのポップアップが含まれます。このポップアップを使用してMEPシステム([オプション]→[属性設定]→[MEPシステム]で定義)をこの要素に割り当てるか、値を[未定義]にしておきます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/SystemExhaust.png 

要素の接続が全般的に複数の目的(温水/冷水システムに使用される炉など)で使用される場合は、そのMEPシステムの属性は[接続]タブページで各接続に個別に割り当てられます。

MEPシステムポップアップには、現在の要素のMEPタイプ(ダクト、パイプ、ケーブル)に適用可能と定義されたMEPシステムのみリストされます。

例えば、MEPシステム「排気口」が[使用項目:ダクト](下図を参照)と定義されている場合は、「排気口」はダクトタイプに属するMEP要素にのみ適用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/MEPUseWith.png 

ビジュアライゼーション

[示]タブページを使用して、この要素の2D(プラン)および3D表示でのカスタムパラメータを割り当てます。2Dシンボルのパラメータは左に、3D表示のパラメータは右にあります。

通常、このコントロールは要素に割り当てられたMEPシステムの属性を上書きする場合に使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/VizTabPage.png 

3D表示またはレンダリングで使用される材質を調整する場合は、[システム材質を使用]チェックボックスをオンにして[システム材質]設定の材質にすることができます。

接続

このタブページを使用して、要素の接続ポートそれぞれのパラメータを定義します。オブジェクトの接続の数は、当然、オブジェクトによって異なります。ダクト分岐の接続ポートは1つですが、Y型ダクトの接続ポートは3つです。

このポップアップで接続を切り替えて移動し、それぞれ個別に編集します。下図では、Y型ダクトの[接続]タブページのポップアップから[分岐]接続を選択しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/EditWye.png 

[プレビューと位置]パネルの2Dシンボルオブジェクトのプレビューには、編集中の接続に関するフィードバック(三角形)が表示されます。この例では、Y型ダクトの分岐に関するフィードバックが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/Triangle.png 

[壁厚さ]: MEP要素の壁の厚さです。

[接続タイプ]: 適用可能な接続タイプを選択します。例えば、ダクト要素の接続には[シンプル]または[フランジ]のいずれかを選択できます。[フランジ]を選択した場合は、下のフィールドに幅の値を入力します。

[MEPシステム]: 要素が全般的に複数のMEPシステム(冷暖房など)で使用される場合は、[接続]タブページにMEPシステムポップアップが表示されます。これを使用して、MEPシステム([オプション]→[属性設定]→[MEPシステム])を現在選択している接続に割り当てます (対照的に、ベンドなどの単一機能の要素は[一般設定]タブページで1つのMEPシステム属性を割り当てます)。