概要

ARCHICAD 21用GRAPHISOFT MEP ModelerはARCHICADユーザーインターフェース上で利用できりアドオンです。慣れ親しんだARCHICADのツールとインターフェースで、3D MEPシステム(機械、電気、配管)および、ネットワーク(ダクト、パイプ、ケーブル)を作成、編集し、さらにARCHICADモデルと連携をとることができます。

MEP Modelerは、IFC との互換性があります。

注記: MEP Modelerパッケージには、AutoCAD MEPから直接エクスポート可能なプラグインが含まれます。(これはPC用のみのAutoCADプラグインで、MEP ModelerのCDからインストールできます。動作方法の詳細は、『ARCHICAD コネクション』PDF文書を参照してください。AutoCADプラグインの辞書エディタのヘルプメニューからご覧いただけます)。

従って設計担当者は、エンジニアから受け取った2Dドキュメントに基づいて、ARCHICAD上でMEPモデルを作成できます。ARCHICADに搭載されている干渉検出機能([デザイン]→[干渉検出])は任意の2つの要素カテゴリ間の干渉をチェックすることができます。例、構造の構築要素と:

MEP Modelerで定義されたMEP要素の干渉チェック

設備会社から届いたIFCモデルのと干渉チェック

MEP要素はGDLオブジェクトであり、パラメータと設定はARCHICADのオブジェクトタイプの要素と似ています。MEP要素は通常のARCHICADライブラリ要素と同様に動作しますが、その他にMEP特有のパラメータもあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/MEPObjects.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_mep/mep-user-guide/MEPObjects3D.png 

MEP Modelerには、特別にMEP要素を構成した拡張MEPライブラリが付属しています。このアドオンに付属しているMEPテンプレートを使用している場合は、このライブラリは自動的にロードされます。

MEPライブラリ」も参照してください。

MEP要素の一般的なタイプには、次のものがあります。

直線セグメント:両終端の形状が同一のダクトなどです。ダクトツール、パイプツールおよびケーブルキャリアツールが挙げられます。

ベンド:接続していない2つの要素でベンドを挿入する必要がある場合、一部のベンドはルーティング中に、またはMEP要素を編集した結果、自動的に挿入されます。

遷移:これは、両終端の形状が同一ではない直線セグメントです。遷移は、幅/高さ/形状の異なる2つのMEP要素を接続するために使用します。

接合部:T型接合部、Y型接合部および分岐などがあります。

ターミナル:例えば、パイプまたはダクトの終端に配置された天井ディフューザ、格子、スプリンクラーなどです。ターミナルの接続ポートは1個のみです。

インライン:ルートの内部に配置されている、バルブやフィルタなどです。インライン要素は、両終端が開いている直線セグメントです。

機器:1つまたは複数の接続ポートを持つ炉などです。1つの機器要素は通常、複数のMEPシステム(暖房、排気口など)に割り当てられ、複数の(パイプ、ダクト) MEP要素タイプに接続されます。

MEP要素を配置するには、次の2つの方法があります。

MEPツールを使用して個別のMEP要素を配置

ルーティング機能を使用して、接続された複数のMEP要素を連続クリックで配置します。