3Dビューの表示

(ARCHICAD 20以前からの移行)

ARCHICAD 21 Soloは、3Dスタイルという、新しいビューオプションを採用しています([表示]→[3D表示設定]→[3Dスタイル])。

以前のACバージョンでは、これらの設定が[3Dウィンドウの設定]に含まれていました。

旧バージョンのプロジェクトをAC 21に移行すると、新しい3Dスタイルが自動的に作成され、プロジェクトの3D設定が以前と同様に表示されます。

さまざまな設定の3D設定がプロジェクトに多数含まれている場合は、それぞれの名前を持つ多数の3Dスタイルが生成される場合があります。