要素一覧表の新規フィールド

(ARCHICAD 19以前からの移行)

オブジェクト/ランプ、天窓、窓/ドアで使用されていたツール固有の[2Dシンボル]フィールドは、[2D平面プレビュー]という新しい[一般]フィールドにマージされて移行され、全ての組み立て要素で使用できるようになりました。

カーテンウォールコンポーネント、天窓、窓/ドアで使用されていたツール固有の[3D前面平行投影]フィールドは、[3D平行投影]という新しい[一般]フィールドにマージされて移行され、全ての組み立て要素で使用できるようになりました。これは、一貫性のある等角投影図です(カーテンウォールコンポーネントは正面図から等角投影図に変更されます)。

その代わり、オブジェクト/ランプの[3D前面平行投影]は正面図のままです。

一覧表で、その 1 つの一覧表内で複数の[2Dシンボル](オブジェクト/ランプおよび窓/ドア2Dシンボルなど)フィールドや[3D前面平行投影](オブジェクト/ランプを除く)フィールドを使用した場合、重複する内容が生成され、単一のフィールドに移行されます。重複するフィールドは削除され、最初の使用可能なフィールドが対応する一般フィールドに移行されます。