IFC環境設定(IFC変換)の完全制御

IFCインポート/エクスポート設定のプロジェクトレベルでの新しい集中管理であるIFC変換は、形状変換設定、モデルフィルタ、プロパティ設定(マッピングを含む)、分類システムマッピング、およびIFC標準要件(Coordination View、デザイン転送ビュー、参照ビュー、ベーシックFMハンドオーバービュー、COBieなど)の組み合わせです。

IFC変換は、ARCHICADテンプレート(.tpl)、プロジェクト(.pln)、およびアーカイブプロジェクト(.pla)ファイル内に保存され、共有されます。

旧バージョンとの互換性:変換は、XMLタイプの変換と、旧ARCHICADバージョン(レガシーXMLインポート)で定義されたプロパティ設定から構築できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/NFGTranslators.png 

IFC変換設定:概要」を参照してください。