手摺りツール

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/inset_0.jpg 

手摺りツールを使用すると、標準的な手摺りまたは独自の手摺りを作成できます。これは3D建築要素として扱われます。手摺りは、3D 要素(階段、スラブ、壁、屋根、メッシュ)に連動させることができます。

手摺り入力はポリライン入力と同様に、ノードとセグメントで構成されます。セグメントとノードの編集(ノードの挿入、移動、削除、またはセグメントの曲げを行う場合)は、全体的な手摺りの形状に影響を及ぼします。また、手摺りが「バラバラ」にならないように、最大限に連動するよう設計されています。

設定可能なレールパターンにより、手摺りツールを非常に簡単かつフレキシブルに使用できます。パターンエディタで、各セグメントに固有の独自のレールパターンを作成することができます。

階段と同様に、手摺りツールは階層構造の要素であり、支柱、レール、パネルというサブ要素が含まれます。これらのGDL構成要素を使用して、ビルディングマテリアルやカスタム断面形状も使用する多目的の形状タイプを作成できます。編集モードでは、全ての手摺りに対して、要素全体の編集、一部のサブ要素の個別編集、およびこれらを組み合わせた編集が可能です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/NFGPlaceRailing.png 

手摺りツールのパターンエディタ

パターンエディタで、各セグメントに固有の独自のレールパターンを作成することができます。パターンエディタは、[手摺設定]ダイアログの上部にあります。これは、セグメントパターンをシンボルで表現したもので、トップレール、ハンドレール、レール、子柱、手摺子、パネルが含まれています。パターンの長さは、右側の子柱で設定されます。右側のグレー表示のエリアには、パターンの反復が反映されます。

/Users/jbadcock/Desktop/Railing - Segment.png 

パターンエディタは、インタラクティブな表面です。ツリーとパターンエディタの一方で選択され、その逆もあります。

パターンを指定したら、セグメント内のその位置を定義できます。セグメントパターンは統合できます。

手摺りの入力

手摺りツールの入力は、ARCHICADでのポリラインの機能に基づいているため、常に最高レベルで連動しようとします。入力中には、ワイヤフレームプレビューで、想定される手摺りのレイアウトが表示されます。

階段の手摺りは階段の境界に従います。階段のそれぞれの端をクリックして、連動する手摺りを片側に作成してください。

スラブ、屋根、メッシュは(階段とは異なり)ポリゴン要素であるため、2つのノード間の手摺りは、ノードの周りを時計回りまたは反時計回りに作成されます。入力中に、開始ノードと終了ノードをクリックした後、手摺りの作成方向を決定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/NFGRailingBoundary2.png 

手摺り構成要素

トップレールは、セグメントの上に配置されるため、常に手摺りスキームと一緒に移動します。

パターンには、2 つのハンドレールを含めることができ、各ハンドレールを手摺りの反対側に複製できます。

レールは、一般的な水平要素です。レールセグメントと垂直にオフセットを設定することや、任意の高さに設定することができます。各レールには、異なるレール断面を使用することもできます。パターンに追加できるレールの数に制限はありません。

パターンには、複数の子柱を追加できます。最も右にある子柱で、パターン長さが定義されます。

手摺子はパターン要素です。パターンエディタで1つの手摺子を選択すると、その全てのインスタンスコピーが選択されます。最初に、手摺子パターンの周りのオフセットを設定できます。その後、配置オプションを選択します。これは、セグメントパターン設定とほぼ同じです。

パネルで、トップレール、レール、子柱、またはセグメント境界の間の領域を塗りつぶすことができます。

全ての水平要素(トップレール、ハンドレール、レール)には、接続と終了を含めることができます。使用できる接続タイプは、切断、グースネック、直接接続の3種類です。これらは、水平要素のどちらの端にも追加できます。

全ての垂直要素には、階段への特別な接続を含めることができます。手摺子パターン長さは、段の奥行きに固定できます。

/Users/jbadcock/Desktop/Railing - Handrail.png 

これらの構成要素のどれにも、定義済みの手摺りサブタイプを使用して3D表示から保存することで、組み込みのGDL構成要素だけではなく、カスタムGDL構成要素を選択できます。

手摺りでは、シンボル2D表示のみを使用します。これらは、個別のGDLサブ要素で、手摺りの3D部分からは完全に独立しています。

手摺りツールの編集モード

編集モードとそのサブ要素固有専用ツールを使用して、選択した手摺りの個々の要素(親柱、子柱、手摺子、トップレール、ハンドレール、レール、パネル)にアクセスし、変更することができます。

サブ要素(子柱、手摺子など)を選択すると、その全てのパターンインスタンスも選択されます。その設定を開くと、関連する形状のみが強調表示されるため、全てのインスタンスを同時に編集できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/NFGRailingEditMode.png 

手摺りの表示

モデル表示オプションは、手摺りの画面および出力の2Dおよび3D表示に影響します。このオプションにより、断面図、立面図、3D表示、および平面図ビューで手摺りの詳細レベルが設定されます。

手摺りの詳細レベルの3つのモデル表示オプション([詳細]、[簡略]、[スキーム])は、断面図/立面図と、[3D]および[3Dドキュメント]ウィンドウでの手摺りの表示と出力に影響します(階段編集モードを含む)。

[詳細]モードでは、手摺りが完全に表示されるため、全ての3D要素の詳細を確認できます。

[簡略]では、手摺りが完全に表示され、全ての3D要素を確認できますが、簡易表示のため、サブ要素は境界線が表示されます。

[スキーム]モードでは、手摺りのパスの表示に、連続した面で表現されます。

モデル表示オプションを使用して、手摺りの平面図シンボル構成要素の表示/非表示を切り替えることができます。

モデル表示オプションでは、シンボルの詳細レベルにより、手摺りの2D表示を制御します。詳細レベルは、次のいずれかに設定できます。

なし

表示部分のみ

非表示部分のみ

表示部分と非表示部分