カーテンウォール編集モードの更新

カーテンウォール編集モードにより、階段ツールや手摺りツールと同じ柔軟性とオプションが提供されます。この変更により、3D だけでなく、全てのビューでのカーテンウォールの作成および編集が容易になりました。設定ダイアログの連携、機能、用語も更新され、新しい階段ツールや手摺りツールとの一貫性が確保されています。

開発中のエリアの機能も強化されています。

平面図と断面図/立面図でも編集モードが使用可能

平面図/断面図での構成要素のサブ選択および編集

平面図/断面図でのスキームグリッドラインと境界の編集

編集モードでのビューの変更

CW構成要素のライブラリ部品UIのデザイン変更

その他のユーザビリティの細かい改善

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/newfeatures/NFG_CWediting.png