情報ボックス

情報ボックスはツールボックスの各ツールにあります。ツールを有効にするか、配置された要素を選択すると、その情報ボックスパレットにツール/要素の現在の設定が表示されます。複数の要素を選択した場合、情報ボックスには最後に選択した要素のコントロールが表示されます。

注記:情報ボックスが画面に表示されていない場合は、[ウィンドウ]→[パレット]→[情報ボックス]を使用します。

情報ボックスには、選択したツール/要素に固有の入力およびパラメータコントロールを選別した集合が含まれています。このようなコントロールの一部は[ツールの設定]ダイアログボックスでも使用できますが、情報ボックスは作業中画面上に表示されているため、情報ボックスを使用した方がすばやくアクセスできます。

デフォルトでは、情報ボックスは作業領域の上部に水平に配置されます。垂直に表示するには、画面のどちらかの側にドックします。

ヘッダーテキストは、情報ボックスの各コントロールを示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/WallInfoBox.png 

ヘッダーテキストが不要な場合(画面のスペースを少しでも広くする必要がある場合)は、情報ボックス内の任意の場所を右クリックして、[ヘッダーテキストを非表示]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/HideHeader.png 

[選択済み/編集可能]:現在の情報ボックスには、選択された要素の数とそのうち編集可能な要素の数が表示されます。情報ボックスの設定を変更すると、それに応じて編集可能な要素の数が変更されます(ロックされたレイヤーに要素が配置されている場合、その要素を編集できない場合があります)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/SelectEdit.png 

デフォルト設定要素が選択されていなければ、情報ボックスには現在のツールのデフォルト設定が表示されます。

情報ボックスをカスタマイズする

各ツールの情報ボックスのパネルの順序と表示/非表示をカスタマイズできます。これには、[オプション]→[作業環境]に移動して[情報ボックスのカスタマイズ]ダイアログボックスを開きます。

このダイアログボックスに簡単にアクセスするには、情報ボックス内を右クリックして情報ボックスのコンテキストメニューを開き、[情報ボックス…]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/InfoBoxContext.png 

情報ボックスのカスタマイズ」を参照してください。

カスタマイズした情報ボックス設定は、ショートカット設定の一部として作業環境に保存できます。

詳細は、「作業環境の設定」を参照してください。