GDLオブジェクトのカスタム属性

GDLオブジェクトスクリプトの中には、カスタム属性が含まれているものもあります。カスタム属性は、個々のオブジェクトスクリプトの一部として定義するか、MASTER_GDLスクリプトで定義することができます。

このオブジェクトをプロジェクトにロードする場合、カスタム属性は次のように設定されたプロジェクトの属性に自動的に結合されます。

属性定義がMASTER_GDLスクリプトに含まれている場合は、MASTER_GDLスクリプトを含むライブラリがロードされると、属性がARCHICADプロジェクトの属性に結合されます。同じ名前の属性は、置き換えられません。

属性定義が個々のライブラリ部品スクリプトに含まれている場合は、次のようになります。

– 塗りつぶしの種類および線種は、ARCHICADプロジェクトに結合されます。

– 材質およびテクスチャの属性は、ARCHICADプロジェクトの属性に結合されません。