線種

ARCHICADの組み立て要素には、要素タイプに応じて、ツール設定ダイアログボックスで個別に線種を割り当てることができます。

例えば、 2D ウィンドウで柱の表示方法を定義する場合、躯体の輪郭、上部線表示および平面図シンボルに異なる線種を適用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/ColumnLines.png 

要素の設定ダイアログボックスで使用可能な線種は、[オプション]→[属性設定]→[線種]でプロジェクトの線種属性として定義および管理されます。

[線種]は、標準線種(実線、点線、破線など)を変更し、カスタマイズした線種を定義するために使用します。

[線種]ダイアログボックス」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LineTypes.png 

線の太さの表示

デフォルトで、全ての線は極細線(1ピクセル幅)で表示されます。

また、[切断線のみ太線]([表示]→[表示オプション(スクリーン)])を使用すると、全ての切断線が太字(実際のペンの太さに関係なく2ピクセル幅)で表示されます。その他の線は全て極細線で表示されます。

極細線で表示する代わりに、それぞれのペンの実際の太さの線を表示することもできます([表示]→[表示オプション(スクリーン)])。各線のペンの太さ([ペンとカラー]ダイアログボックスで定義されたペンの太さの値に依存)が正確に表示されます。

表示オプション(スクリーン)」を参照してください。