要素設定で材質を上書きする

モデル要素では、材質の設定は材質を含むビルディングマテリアルに応じて異なります。

ビルディングマテリアル」を参照してください。

ただし、どのモデル要素に対してもビルディングマテリアルの材質定義を上書きして、別の材質を割り当てることができます。

GDLオブジェクトではビルディングマテリアルを使用しませんが、材質定義を上書きすることができます。

要素の材質の上書きには、以下の2つのワークフローがあります。

[材質ペインター]パレットを使用する(材質ペインターで材質を上書きする」を参照)

以下に示すように要素設定を使用する

1.配置した要素を選択するか、要素タイプの[デフォルト設定]ダイアログボックスを開きます。

2.[モデル]パネルの[材質上書き]で、材質ポップアップのいずれかまたは全てのトグルボタンをクリックします。各ポップアップは、要素の面または辺に対応しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/ApplyMaterial.png 

注記:鎖アイコン(「リンク材質」)をクリックすると、全ての面と辺で1つの材質上書きが使用されます。いずれかの面や辺に別の材質を設定するには、鎖アイコンを再度クリックして材質定義のリンクを解除します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LinkMaterials.png 

上書きを取り消す場合は、切り替えボタンをもう一度クリックします。これで、ビルディングマテリアルで定義された材質が再び使用されます。

選択した要素の材質上書きを取り消す」も参照してください。