属性マネージャー

属性マネージャーは、[オプション]→[属性設定]→[属性マネージャー]を使用して開きます。

このダイアログボックスにはプロジェクトの全ての属性がリストされるため、表示に時間がかかる場合があります。

このダイアログボックスでは、開いている 2 つのファイル間で、属性(レイヤー、レイヤーセット、ペンとカラー、ペンセット、線種、塗りつぶしの設定、複合構造、断面形状、材質、ビルディングマテリアル、ゾーンカテゴリ、都市、オペレーションプロファイル)をコピー(追加、上書き)できます。また、2つのうちいずれかのファイルの属性を複製または削除することもできます。

注記:MEP Modelerをインストールすると、[MEPシステム]タブページも表示されます。

ダイアログ上部のタイプアイコンは、一度に1つのタイプの属性が表示されるタブページを表します。最後のタブをクリックすると、全てのタイプの属性が1つのリストに表示されます。

左側には、現在開いているARCHICADファイルの属性の索引番号と名前が表示されます。

右側に、2番目のARCHICAD ファイル(プロジェクト、アーカイブ、またはモジュール)を開くか、または属性マネージャーに属する特殊な形式のファイルの属性ファイルを開くかを選択できます(ダイアログボックスの右下にある「開く」コマンドを使用します)。

以下には、2つのプロジェクトの塗りつぶしの属性が表示されています。現在のプロジェクト(属性が左側に表示)のチェックマークは、そのプロジェクトで使用されている属性を示しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/AttributeManager.png 

ダイアログボックス中央のボタンを使用して、2つのファイル間の属性を管理します。

[追加]:他のファイルのリストに、新しい索引番号付きで属性を追加します。

[インデックス]:他のファイルの同じ索引番号を持つ属性を上書きします。

[名前]:他のファイルの同じ名前を持つ属性を上書きします。

関連する属性は、次のとおりです:

ビルディングマテリアル属性(切断塗りつぶしおよび材質属性を含む)について、チェックボックスを使用してビルディングマテリアルの切断塗りつぶしや材質定義を含めるか除外するかを指定できます。

レイヤーセットには関連するレイヤーを含めることができます。

複合構造および断面形状には、関連する線種、塗りつぶし、材質、ビルディングマテリアルを含めることができます。

材質には、関連するベクトル塗りつぶしを含めることができます。

[ファイルへ出力…]ボタンを使用して、選択した属性グループをテキストファイルとして任意の場所に保存することができます。

属性マネージャーの[ペンセット]ページでは、以下の操作を実行できます。

[STBとして保存]ボタンを使用して、選択した 1 つのペンセットを AutoCAD のプロットスタイルテーブル(*.stb)の形式で保存できます。プロットスタイルテーブルはAutoCADで使用される形式であり、印刷出力/プロット出力に応じて図面の各カラーを線の太さなどにマップできます。

ダイアログボックス下部のいくつかのボタンを使用すると、ファイルに対してさまざまな操作を実行できます。

[未使用の削除]ボタンは、未使用の属性をプロジェクトから削除します。現在のプロジェクトの属性リストの下にある[未使用の削除]をクリックします。デフォルト要素設定で使用されている属性は、削除されません。ただし、未使用として表示されている属性(チェックマークが付加されていない属性)の中には、実際には配置済みオブジェクトのGDLスクリプトによって参照されているものもあります。

[戻す]ボタンをクリックすると、前の状態の属性を復元できます([キャンセル]ボタンでも同じことが行えますが、その場合、同時にダイアログボックスが閉じます)。

[適用]ボタンをクリックすると、ダイアログボックスを閉じることなく、行った変更を適用できます。

特定の基準で属性リストをソートするには、基準とする列の一番上をクリックします。例えば、線の太さを基準にペンを表示したり、緯度を基準に都市を表示できます。

現在のプロジェクトの属性リストの下の行では、個々の属性の名前とそのプロパティを編集できます。例えば、塗りつぶし属性の場合、塗りつぶしの種類として作図、表面、または切断を定義できます。

塗りつぶしカテゴリ」を参照してください。

[レイヤー]:選択されているレイヤーの表示状態、ロック状態、および名前を修正できます。

[レイヤーセット]:選択したレイヤーセットの名前を変更できます。

[ペンセット]:ペンセットは、選択したプロジェクト間でコピー、削除、追加または上書きできます。

[ペンとカラー]:選択されているペンのカラー、RGB要素、および線の太さを修正できます。

[線種]:選択されている線種の名前とスケール率を修正できます。

[塗りつぶしの設定]:選択されている項目の名前と、各塗りつぶしカテゴリの使用カテゴリを修正できます。

[複合構造]:選択されている項目の名前と各要素タイプの使用カテゴリを修正できます。

[断面形状]:選択されている断面形状の名前と各要素タイプの使用カテゴリを修正できます。

[材質]:選択されている材質のカラー、名前、およびテクスチャの割り当てを修正できます。

[ビルディングマテリアル]:名前、切断塗りつぶし、材質、および交差の優先度を修正できます。

[ゾーンカテゴリ]:選択されている項目のコード、カラー、名前、およびゾーンスタンプの割り当てを修正できます。

[都市]:選択されている場所の名前、緯度と経度の値、および時間帯の設定を修正できます。

[MEPシステム]:この属性を使用できるのは、MEP Modelerをインストールした場合のみです。

このアドオンの詳細については、MEP Modelerのユーザーガイドを参照してください。

[オペレーションプロファイル]:この属性はエネルギー評価機能で作成されます。

[全ての属性タイプ]:現在のプロジェクトに含まれる全ての属性タイプが表示され、タイプ、数値、名前別にソートしたり、リストで選択されている属性を編集できます。

チームワークユーザーの場合は、「属性マネージャーでの確保:全ての属性を確保(チームワーク)」も参照してください。

属性の欠落」も参照してください。