欠落した属性を使用する要素を検索/選択する

属性はプロジェクトと一緒に保存されますが、それでもプロジェクトの要素が欠落した属性を参照している場合があります。

属性の欠落」も参照してください。

このような要素を簡単に見つけるには、[検索と選択]を使用します。

要素の検索と選択」も参照してください。

1.[検索と選択]ダイアログボックスの[条件]フィールドで、特定の要素タイプまたは[全てのタイプ]を選択します。

2.次の条件として「属性」を追加し、値を「欠落」に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/MissingAttribute.png 

3.プラス(+)ボタンをクリックして、この条件に適合する要素を全て選択します。

この例では、欠落した属性を使用する要素としてスラブが検出されて選択されています。スラブの設定ダイアログボックスで、欠落した属性が表面塗りつぶしであることが判明しました。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/MissingFill.png 

プロジェクトで使用可能な塗りつぶしから他の表面塗りつぶしを最も簡単に割り当てるには、[表面塗りつぶし]属性のポップアップをクリックします。ここでは[カーペット]の塗りつぶしを選択しました。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/CarpetFill.png 

あるいは、欠落した属性の場所(他の ARCHICAD プロジェクトなど)がわかっている場合は、属性マネージャーを使用して必要な属性を他のプロジェクトから現在のプロジェクトに転送できます。

属性マネージャー」を参照してください。