交差しないようレイヤーを使用

レイヤーの状態を使用して、要素の交差部を制御できます。これを行うために、レイヤーの交差グループの番号を変更できます。

[レイヤー]パネル([ドキュメント]→[レイヤー]→[レイヤーの設定])にある交差部アイコンの下の番号は、そのレイヤー上の要素が属している交差グループの番号を示しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerIntersection.png 

同じレイヤーの交差グループに属する交差要素を正確に描画すると、相互に結合します。別のレイヤーの交差グループの要素は結合しません。

注記:レイヤー交差数は要素優先度とは無関係であり、単に要素をグループ化するためのタグやラベル(1、2など)として機能します。

注記:両方とも交差グループ0に設定された2つの要素は、交差しません。

同じ交差グループの要素のみが、相互に接続されます。

デフォルトでは、全てのレイヤーがグループ1に設定されているため、全ての交差要素は、ARCHICADの一定の接続規則に基づいて結合されます。

この接続を回避することも可能です。例えば、接続していない複合構造の詳細図を表示する場合などです。この場合、異なるレイヤーに接続壁を配置してから、いずれかのレイヤーに異なるレイヤーの交差グループ番号を与えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerIntersect1.png 

壁レイヤーの交差グループ番号が同じ場合

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerIntersect2.png 

壁レイヤーの交差グループ番号が異なっている場合

非表示レイヤーとの交差に関する注記:交差グループが同一の要素は、レイヤーの 1 つが非表示の場合も交差します。このため、非表示レイヤー上の要素との交差を示す「欠落」線が生じる場合があります。これを避けるためには、[レイヤーの設定]でレイヤーの 1 つを選択して、別の交差グループに割り当ててください。

レベル0の例外:両方の要素が交差グループ0の場合、(同じレイヤー上でも異なるレイヤー上でも)交差は行われません。