レイヤーについて

レイヤーは、要素を論理的に区別するために使用します。寸法、家具、電気記号などの要素の関連グループは、共通のレイヤーに配置されます。

要素を単一のレイヤーに所属させることができます。

レイヤーごとに、以下の設定を定義できます。

ロック/ロック解除

表示/隠す

3Dウィンドウ設定

レイヤーの交差グループ

ARCHICAD には、あらかじめ定義されたレイヤーセットが付属します。各ツールには、デフォルトのレイヤー割り当てがあるため、ツールを使用して要素を配置すると、新しい要素は対応するレイヤー(例えば、外部の壁、柱、梁)に自動的に配置されます。

注記:ドア、窓、壁の終端、およびコーナー窓には個別のレイヤーがないため、これを配置する壁のレイヤーと一緒に処理されます。カメラにはレイヤーはありません。

レイヤーは削除することができます。レイヤーを削除すると、レイヤー上の全ての要素が削除されます。ただし、 ARCHICAD レイヤーは特殊なレイヤーであり、 ARCHICAD プロジェクトには常に最低でも1つのレイヤーが含まれている必要があるため、削除、非表示、およびロックを行うことはできません。ファイルエラーが発生する場合は、レイヤーの定義が失われている可能性のある要素がARCHICADレイヤーに配置されています。

各ARCHICAD プロジェクトには単一のレイヤーセットがあり、これは[レイヤー設定]ダイアログボックスで管理します。[レイヤー設定]ダイアログボックスには、以下からアクセスできます。

[オプション]→[属性設定]→[レイヤー設定]

[ドキュメント]→[レイヤー]→[レイヤー設定](ショートカット:Ctrl+L)

クイックオプションバーの[レイヤー設定]アイコン

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerSettingsQO.png 

[レイヤー設定]ダイアログボックス」を参照してください。

クイックレイヤーツールバー内のショートカットを使用すると、複数のレイヤーの状態をすばやく簡単に変更できます。

クイックレイヤー」を参照してください。

レイヤーは共通で、全てのフロアとウィンドウで同一のレイヤーを使用できます。ただし、レイアウトブックとモデルでは、設定が異なるレイヤーを使用できます([レイヤーの設定]ダイアログボックスのタイトルバーには、 ARCHICAD で有効なウィンドウのタイプ(モデルまたはレイアウトブック)が反映されます)。

レイアウトブックに別のレイヤー設定を使用する」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerSettings.png 

レイヤーを使用して編集できないように要素をロックする

ロックアイコンをクリックすると、選択したレイヤーの状態がロック/ロック解除に切り替わります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerLock.png 

レイヤーステータスがロックの場合、そのレイヤー上の要素は編集できません。これは誤って変更されないようにしたい場合に役立ちます。

レイヤーを使用して要素を表示/隠す

レイヤーを表示/隠すには、選択したレイヤーの「視点」アイコンを開閉します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerShow.png 

非表示レイヤー上の要素は非表示になります。

レイヤーを使用して3D要素をワイヤフレームモードで表示する

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/LayerWireframe.png 

この表示モードオプションを 3D に切り替えるには、選択したレイヤーのシェーディング/ワイヤフレームアイコンをクリックします。

この設定は、[表示]→[3D ウィンドウ設定]メニューで設定されている現在の 3D モードの影響を受けません。

3Dスタイル」を参照してください。