ペンセットを適用する

ペンセットを選択して適用するには、以下のいずれかの操作を実行します。

クイックオプションのペンセットポップアップを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/PenSetQO.png 

[オプション]→[属性設定]→[ペンとカラー]

[ドキュメント]→[ペンセット]→[ペンとカラー]

[使用可能なペンセット]リストからペンを選択して、[OK]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/PensColors.png 

[ペンとカラー]ダイアログボックス」も参照してください。

レイアウトブックに別のペンセットを適用する

モデル表示ビューとレイアウトブックには別々のペンセットを使用できます。どちらのウィンドウが有効になっているかに応じて、ダイアログボックスの名前に「モデル」または「レイアウト」と表示されます。

[ペンとカラー(レイアウト)]設定は、レイアウトに配置されている項目(自動テキストやマスタレイアウト項目など)にのみ適用され、配置済み図面の内容には適用されません。

図面にペンセットを適用する

レイアウトにビューを配置すると、ビューは図面になります。デフォルトでは、レイアウトブックに配置されている図面は、独自のペンセットを使用します(ソースビューの[ビュー設定]に保存されているペンセット。デフォルトでは、プロジェクトのモデルに対して定義されているペンセット)。ただし、このペンセットは[図面の設定]の図面の[特性]パネルで指定変更できます。[ペンセット]ドロップダウンメニューをクリックして、この図面にのみ使用する他のペンセットを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/PenSetChange.png 

図面の[サイズと表示]パネル」を参照してください。

ARCHICADの図面ツールを使用して配置したDWG/DXF/PDFファイルなどの外部ファイルにソースのある図面にも、同じ方法でペンセットを割り当てることができます([ペンセット]ドロップダウンメニューをクリックして、この図面にのみ使用する他のペンセットを選択します)。

あるいは、ソースビューのペンセットを変更することもできます([ビュー設定]ダイアログボックスに移動し、ポップアップから他のペンセットを選択します)。

[ビュー設定]ダイアログボックス」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/PenSetView.png