BIMcloud/BIM Serverライブラリを管理

注記:ARCHICAD 21 Soloバージョンでは使用できません。

プロジェクト(単独またはチームワーク)で BIMcloud/BIM Server ライブラリを使用するには、[BIMcloud/BIM Server ライブラリ管理]ダイアログボックスを使用して、最初にそのライブラリをBIMcloud/BIM Serverにアップロードする必要があります。このダイアログボックスでは、BIM Serverのライブラリを表示、アップロード、および管理できます。

注記:チームワークプロジェクトでは、このダイアログボックスを使用するには管理者(プロジェクト管理者またはサーバー管理者)であることが必要です。

このダイアログボックスを開くには、[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[BIMcloud/BIM Serverライブラリ管理]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/ManageServerLibs.png 

ダイアログボックス上部のポップアップでBIMcloud/BIM Serverを選択してログインします。

BIMcloud/BIM Serverへのアクセス」を参照してください。

必要に応じて緑色の更新ボタンをクリックして、このダイアログボックスに表示されるライブラリリストおよびユーザーポップアップ情報を更新します。

BIMcloud/BIM Server の各ライブラリ、アップロード日付、およびホストサーバーのアドレス(BIMcloudの場合)がリスト表示されます。

ダイアログの下部にあるボタンを使用して、ライブラリの管理または新しいライブラリのアップロードを行います。

同名のライブラリが既にサーバーに存在する場合は、ライブラリをアップロードすることができません。1つのBIMcloud/BIM Serverに同時に存在することができるライブラリは1つのみです。

BIMcloud/BIM Serverライブラリを更新

このコマンドを使用して、選択したサーバーライブラリ(BIMcloud/BIM Server にアップロード済み)を同名の新しいライブラリの内容で更新します。

1.更新するライブラリを選択します。

2.[更新]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/UpdateServerLibrary1.png 

3.選択したライブラリを置き換えるライブラリを参照します。これには同じ名前の新しいライブラリを指定してください。

4.[選択]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/UpdateServerLibrary2.png 

5.更新結果がフィードバックとして表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/ServerLibraryUpdated.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/ServerLibraryUpdatedNot.png

BIMcloud/BIM Serverへのライブラリのアップロード

必要なアクセス権:

簡易管理:プロジェクト管理者またはサーバー管理者

詳細管理:

フォルダ内容の修正

ライブラリルートの「詳細の修正」

1.[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[BIMcloud/BIM Serverライブラリ管理]に移動します。

2.[アップロード]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/UploadBIMServerLibrary.png 

3.必要なライブラリを参照します。アップロードされたライブラリには、.pla ファイル、.lcf ファイル、フォルダを追加することができます。GSM ファイルを個別にアップロードすることはできません。アップロードできるのは、.lcfファイル、.plaファイル、および通常のフォルダのみです。

4.[選択]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/CHooseLibraryFolder.png 

5.ライブラリがリンクされるデフォルトのBIMcloud/BIM Serverが表示されます。

BIMcloud サーバーを使用する場合:デフォルトではない別の BIMcloud Server にライブラリをアップロードするには、表示される[ホストサーバーの選択]ダイアログボックスからポップアップをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/SelectHostServer.png 

必要なアクセス権:

簡易管理:サーバー管理者

詳細管理:BIMcloud Serverにホストされているデータの修正

6.[アップロード]をクリックします。ライブラリがBIMcloud/BIM Serverにアップロードされます。

7.ダイアログボックスが閉じます。

ライブラリをアップロードしたら、各ユーザーはこの BIMcloud/BIM Server ライブラリをプロジェクト(単独またはチームワーク)に追加できます。

BIMcloud/BIM Serverライブラリの追加」も参照してください。

BIMcloud/BIM Serverへの個々のオブジェクトのアップロード

BIMcloud/BIM Serverに個別のオブジェクトをアップロードするには、まずオブジェクトをフォルダ内に配置してから、フォルダをアップロードします。

BIMcloud/BIM Serverからライブラリをダウンロード

[ダウンロード]コマンドを使用して、選択したライブラリを指定した場所にダウンロードします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/01-configuration/DownloadBIMServerLibrary.png 

BIMcloud/BIM Serverからライブラリを削除

必要なアクセス権:

簡易管理:プロジェクト管理者またはサーバー管理者

詳細管理:ライブラリルートの「フォルダ内容の削除」