ライブラリ

各バージョンのARCHICADには、構成済みの編集可能オブジェクトを多数含む標準オブジェクトライブラリが付属します(GDLオブジェクトまたはライブラリ部品とも呼びます)。

新規プロジェクトを作成すると、ARCHICADは新規プロジェクトに使用するテンプレートに含まれるライブラリをロードします。ARCHICADの各後続バージョンでは、付属するライブラリが更新されています。また、国ごとの基準に対応する別のライブラリもあります。

移行に関する推奨事項については、「ARCHICAD 21 Soloの移行ガイド」を参照してください。

必要に応じて、その他のライブラリをプロジェクトに追加することもできます。

プロジェクトのライブラリ(埋め込みライブラリ、リンクされたライブラリ、BIMcloud/BIM Serverライブラリ)の表示および管理は、[ライブラリマネージャー]([ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[ライブラリマネージャー])で行います。

制限事項:

埋め込みライブラリに、.lcfファイル(ライブラリコンテナファイル)を含めることはできません。

リンクライブラリとして使用するアーカイブ(.pla)フォルダは、ライブラリルート(ライブラリ階層の最上位)として機能する場合を除き、マウントされません。下位の階層に配置された.plaファイルは全てマウントされません。

ファイル拡張子のみで構成されるファイル名(「.gsm」、「.DS_STORE」など)は、ライブラリマネージャーには表示されません。

以降のセクションでは、ARCHICADのライブラリの操作について詳しく説明します。

ライブラリマネージャー

ライブラリを使用する場合の推奨事項

埋め込みライブラリ

リンクされたライブラリ

BIMcloud/BIM Serverライブラリ

プロジェクトからライブラリを削除

ライブラリに関するトラブルシューティング

欠落したライブラリ部品とライブラリロードレポート

ライブラリコンテナファイル

ライブラリ更新