選択セットの編集

[編集]→[設定変更]→[選択セットの編集]の[選択セットの編集]ダイアログボックスでは、異なる要素タイプの集合が持つ特定の属性(レイヤー、ペンカラー、クラス)をこれらの要素の他の設定に影響を与えずにまとめて編集することができます。

ARCHICADの全ての要素には、共通して、レイヤー割り当ておよびペンカラーという2つの基本属性があります。さらに、要素にはクラス(要素分類、位置、構造機能、要素レベルのリノベーション設定)を割り当てることができます。これはARCHICADモデルを他のアプリケーションにエクスポートするときに、プロパティの定義や設定のマップを行う場合に便利です。

[選択セットの編集]ダイアログボックスでこれらの属性のいずれかを明示的に変更すると、選択されている全ての要素に新しい値が適用されます。

注記:ペン設定は選択されている要素の全ての切断ペン(切断塗りつぶしペン、切断線ペン)に影響を与えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/EditSelection.png 

[関連する窓とドアのカラーを修正]:このボックスをチェックすると、選択した壁についた窓とドアのペンカラー/ペンの太さも修正されます。

注記:チェックしなければ、開いたときに個々のペンカラー/ペンの太さが保持されています。

GDL オブジェクトタイプ要素のペンカラーは、そのオブジェクトが独自のシンボルペン(GDLオブジェクトの2Dシンボルで定義)で表示するよう設定されていない場合のみ変更できます。オブジェクトの編集の際には、標準のペンカラーラジオボタンが編集済みのペンカラーに設定されます。

線、矢印、およびテキストから成る壁、寸法列またはマーカーなどの複合要素は、全てまとめて編集されます。

[選択済み/編集可能]:この領域には、平面図と3Dで現在選択されている各タイプの要素数が表示されます。

ダイアログボックス下部には、選択されている要素のタイプと、各要素が現在編集可能かどうか(ロックされていないかどうか)が表示されます。