矢印ツールを使用して複数要素を選択する

1.矢印ツールを起動します。

2.画面上をクリックして、選択矩形/選択ポリゴンを描画します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SelectArrowArea1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/SelectArrowArea2.png

これで領域内の全ての要素が選択され、その他の現在選択している要素は全て選択が解除されます。Shiftキーを押したまま、追加する要素を選択します。

注記:要素を直接選択せずに領域を選択する場合は、矩形選択ツールを使用します。

矩形選択範囲」を参照してください。

以下に示す矢印ツールの各種オプションを使用すると、選択方法を細かく調整できます。

選択方法

矢印ツールの情報ボックスでは、矩形またはポリゴン形状を使用するときの選択方法を3つの中から選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ArrowSelect.png 

1番目の方法では、要素の1つの節点、辺、または曲線が含まれていれば、その要素を選択できます。

2番目の方法では、選択する要素の全ての節点/辺を選択領域内に含める必要があります。

3番目の方法(方向依存)では、矩形を描画する方向に応じて選択方法が異なります。

選択矩形を右から左に描画した場合、最初の選択方法が適用されます。つまり、矩形内に少なくとも1つの節点が含まれる要素が選択されます。

選択矩形を左から右に描画した場合、2番目の選択方法が適用されます。つまり、全ての節点が矩形内部に含まれる要素が選択されます。

選択領域の形状

矢印ツールの情報ボックスには、[ポリゴン]、[矩形]、[回転矩形]の各オプションが用意されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/02-interaction/ArrowInfoBoxAreas.png